【別れる理由】カップルが別れるきっかけや原因とは?男女に大調査!

  • 【別れる理由】長年付き合ったカップルの場合

    恋人と長く付き合っていると、将来のことまで考える人もいるでしょう。しかし、長く付き合っているからこそ起こる問題もあるものです。

    長年付き合ったカップルは、どういった理由で別れるのでしょうか。恋人との関係が長くなってきた頃、関係性や付き合い方を見直す必要がありそうです。

    マンネリ化してドキドキがなくなったから


    恋人と長く一緒にいれば、ドキドキすることが減ってくるでしょう。特にマンネリ化が深刻になれば、「好き」と感じる瞬間もなくなってしまうもの。こうした理由から「好きか分からない」となってしまい、別れる人もいるでしょう。

    相手に対し慣れが出てしまうのは仕方ありません。気を遣わなくなったり素を出せるようになるでしょう。もちろん、そうした関係性を好む人もいます。ただ、異性として意識しなくなりドキドキ感がないとしたら、「好きなのかな?」という疑問も持つはずです。

    マンネリ化を防ぐためには、デートの内容を変えてみたりイメチェンしてみたりと、付き合い方に変化を取り入れるべきです。その変化が刺激となり、再びドキドキを感じられるようになります。

    惰性で一緒にいるだけだと気付いたから


    長年付き合ってきたカップルが別れる理由には「惰性で一緒いるだけだと気付いた」もあります。

    一緒にいるのが当たり前、これまで一緒に過ごしてきたからという理由で付き合っている人もいるでしょう。この場合は、相手が好きで付き合っているとは限りません。「なんとなく」「情がある」という理由で付き合っている人もいます。

    そうした人が、惰性で付き合っていると気付いた時は、別れることを選択するでしょう。「もう好きじゃないのに付き合っててもな…」と思い、新たな恋愛を求めるはずです。

    喧嘩が絶えないから


    長年一緒にいると、相手に対し気遣いや思いやりがなくなってくることがあります。そのせいで喧嘩が増えてしまうというカップルも少なくないでしょう。

    会えば喧嘩、話せば喧嘩という状況では、恋人と一緒にいても楽しいとは思えません。イライラする機会が多く、「一人にさせて」「会いたくない」と思うことが増えるはずです。

    そうした状況が続けば別れるのではないでしょうか。喧嘩が多いということは、相手と性格的に合わないとも受け取れるため、「自分たちは相性が悪い」と捉える人もいます。

    長く付き合っているとしても、相手の気持ちを考えたり言葉に気を付けるといった意識は大事になりそうですね。

    将来が見えないから


    将来が見えないという理由で、長年付き合ったカップルが別れることもあります。

    そもそも結婚への意識が違うカップル、あるいは長く付き合ったことで「結婚はないな」と思ったカップルは、付き合っていても意味がないと感じて別れる選択をするでしょう。

    例えば、片方が借金してまでギャンブルをする場合。あるいは、浮気癖があって一途に想ってくれないとなれば、相手との将来は考えられないはずです。

    でも、付き合ってみないことには分からなかった点でしょう。長く付き合ったからこそ知れた部分です。人生の経験として無駄ではなかったのではないでしょうか。
  • 【別れる理由】同棲中のカップルの場合

    次は、同棲中のカップルの別れる理由を見ていきます。

    同棲するほど愛し合っていた二人に、一体どんな別れる理由があるというのでしょうか。

    相手と生活習慣が合わなかったから


    同棲をすると、相手の生活習慣が気になることがあります。

    食事の仕方や洗濯の仕方、あるいは生活リズムの違いがあり些細なことで喧嘩をすることもあるでしょう。そうしたことの積み重ねで、別れるカップルもいます。

    同棲生活は結婚生活を疑似体験できるものでもあるため、同棲してみて初めて「結婚はしないだろうな」と思うケースもあるものです。

    あまりにも生活習慣が合わなすぎると、日々の生活自体がストレスになりかねません。

    相手が2人のルールを守ってくれないから


    同棲をする上で、2人でルールを作るというカップルもいるでしょう。

    例えば「夜は22時までに帰宅すること」や「食事は揃ってすること」など、そのルールはさまざまです。

    そうしたルールを相手が守ってくれないからと別れる人もいます。ルールを決める時は、相手にされて嫌なことや自分が望んでいることを基に作ることが多いため、守ってもらえないと不満になちがちです。

    同棲する上でルールを設けることがプラスになることもありますが、あまりにも厳しいルール設定をすると相手の負担になりかねません。ルールを決める際は、「無理をしなくても守れる範囲」を意識して設けるとストレスにならずに済みますよ。

    一人の時間が持てないから


    初めは「四六時中一緒にいたいから」「どんな時もそばにいてくれるから」という思いから同棲した2人でも、次第に一人になりたいと思うことも出てきます。

    仮に「友達を呼んで遅くまで楽しみたい」と思っても、彼氏や彼女がいる中気軽に呼ぶことはできません。また、一人で趣味を満喫したくても「相手してよ」「出掛けようよ」と、相手のペースに巻き込まれることもあるでしょう。

    そのため、一人の時間が持てないことに不満が溜まり別れる選択をする人も。相手を嫌いになったわけではないものの、一緒にいすぎることが苦痛に感じるようになってしまうのでしょう。

    自由になりたい、楽になりたいという理由で別れるカップルは少なくないのです。

    刺激がなくなってしまったから


    長年付き合ったカップルの別れる理由と似ていますが、刺激がなくなってしまったからという理由で別れるカップルもいるでしょう。

    同棲をすると常に恋人と一緒なため、たとえ数ヶ月の期間でもすぐにマンネリしてしまうことがあります。つまり、3ヶ月という短い交際期間だとしても、長年カップルのような関係性になってしまうということ。相手を異性として見れなくなったり、ドキドキ感がなくなって刺激不足になることがあるのです。

    ですから、「常に一緒にいたい」という付き合い始めのテンションやノリで同棲することはおすすめできません。あっという間に相手に対する気持ちが冷めてしまうこともあるため、ある程度付き合った後に同棲をスタートさせた方が良いでしょう。