無償の愛の意味とは?無償の愛を感じる瞬間もパターン別にご紹介!

無償の愛が欲しい…。そう思ったことがある人は多いのではないでしょうか。無償の愛をくれる人に出会えたら、これまで味わったことがないほどの幸福感に包まれるかもしれません。そこでこの記事では、無償の愛をくれる人の特徴や、無償の愛を感じる瞬間などについて詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

  • そもそも「無償の愛」の正しい意味とは?

    皆さんは「無償の愛」を感じたことがありますか?

    何度も感じたことがある人もいれば、「そもそも無償の愛って何?」といまいちピンと来ない人もいるでしょう。無償の愛を感じることができると、愛されていることをダイレクトに実感できるので、とても心がほっこりして幸せな気持ちになります。

    また、不安や寂しさなどの感情がなくなるので、自分自身の自信にも繋がるでしょう。今回は、そんな「無償の愛」について詳しく解説していきます。

    「無償の愛」の意味


    「無償の愛」とは、見返りを求めない純粋な愛情のことを言います。「無償」は、「タダ」「報酬のない」という意味です。

    つまり、報酬のために愛情を注いでいるのではなく、何の見返りも求めずに純粋に「愛おしい」「大切」と思う気持ちのことを意味します。

    また、無償の愛は損得勘定を考えないので、たとえ自分を犠牲にすることになったとしても、相手を恨んだり見返りを求めることはありません。相手を思う愛情から自然と行動しているので、むしろ自分が犠牲になっているとも思わないでしょう。

    「無償の愛」の類語


    「無償の愛」の類義語としては、「真実の愛」「本当の愛」「深い愛」などが考えられるでしょう。「無償の愛」でピンと来ない人も、類語を知れば少しイメージを掴めるのではないでしょうか。

    例えば、恋愛で自分ばかりが相手に尽くしていると、つい「たまには尽くしてほしい」などと思ってしまうこともありますよね。

    しかし、無償の愛は見返りを求めないので、相手に対して愛情返しを求めることもありません。相手への愛情のみで行動しているので、本当に純粋な愛情と言えるでしょう。

    「無償の愛」の対義語


    「無償の愛」の対義語には「有償の愛」「見返りを求める愛」などが挙げられます。無償の愛とは反対に、見返りを求める愛情のことを意味しています。また、無償の愛は深い愛情であることから、「無関心」なども対義語と言えそうです。

    誰かが困っている時に手を差し伸べるのは、「助けたい」という感情が働くからですよね。無償の愛の場合は咄嗟に動くことができますが、有償の愛の場合は損得勘定が働くので少し考えてから行動に出ます。

    また、無関心の場合はそもそも助けようともしないので、愛情の質によって行動に大きな違いが出てくるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)