疎外感を感じやすい人の特徴や心理は?克服する方法や対処法も紹介!

「疎外感」を抱いたことはありますか?そのとき「なんでこんな気持ちになるのだろう」と疑問に感じませんでしたか?そこで今回は、疎外感を抱く人の心理や、感じやすい人の特徴を紹介します。疎外感を覚えやすい状況や対処法もあわせて解説します。

  • そもそも「疎外感」の意味とは?

    人間関係を築いていく上で、「疎外感」が問題になることがよくあります。おそらくほとんどの人が1度は感じたことがある気持ちでしょう。

    そこで今回は、「疎外感」に注目します。まずは、そもそも疎外感とはどういった意味を持つ言葉なのか、「孤独感」とは違う意味を持っているのかなど、基本的な言葉の知識をおさらいしていきます。

    「疎外感」の意味


    疎外感とは「自分だけ仲間はずれにされているような感覚」を意味する言葉です。人間関係を築いていく上でよく取り上げられるのも、集団の中で自分一人だけが孤立している、仲間はずれにされているような感覚に陥った経験がある人が多いからだと言えるでしょう。

    たとえば、複数人で集まっている時に周りは和気あいあいとなにかに取り組んでいる一方で、自分だけがその輪に入れない状況に陥ってしまうと、「ああ、自分だけ居場所がないな」という気持ちになる人は少なくないはずです。

    この時の周りの輪から自分だけがはみ出ているように感じる気持ちを「疎外感」と呼びます。

    「疎外感」と「孤独感」の違い


    似た言葉として挙げられる「孤独感」は、「疎外感」とはどんな違いがあるのだろう?と疑問に思う人もいるでしょう。2つの言葉は類語として挙げられることが多いため、似た意味であることは間違いありません。

    ただし、似た言葉ではあるものの、明確に違う点があります。それは、自身が置かれている周囲の状況です。疎外感は「周りの人がいて、自分だけがハブられているように感じる気持ち」ですが、孤独感は「周りに人がいなく、寂しい、心細い」という気持ちを表す言葉なのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)