彼氏と金銭感覚が合わない!男女の本音と感覚の違いを埋める方法

金銭感覚が合わない彼氏には、いろいろな場面で苦労すると言われています。「彼氏と金銭感覚が合わない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。本記事では、金銭感覚が合わない彼氏への対処法を紹介します。彼氏の金銭感覚で悩んでいる方は、参考にしてみてください。

  • 彼氏の金銭感覚に不安を感じたことはありますか?

    彼氏とデートをしている時などに「あれ、金銭感覚がおかしいな…」と感じたことはありますか?多少の違いであれば許容できますが、あまりにも彼氏の金銭感覚が自分とかけ離れていると、不安に思ってしまいますよね。

    彼氏との結婚を考えている場合は、金銭感覚の違いは大きな問題になります。「金銭感覚に違いがあるのに、本当に結婚をしても良いのだろうか」と心配になるのは自然なこと。そんな時は、彼氏との金銭感覚の違いを埋めることが大切になります。

    本記事では、金銭感覚に対する男女の本音と、感覚の違いを埋める方法について紹介します。彼氏と金銭感覚を一致させられるように、頑張っていきましょう。
  • こんな彼氏はNG?金銭感覚の違いを感じた瞬間

    彼氏との金銭感覚の違いは、どのような時に感じるのでしょうか。まずは、金銭感覚の違いを感じた瞬間について、体験談を紹介します。さまざまな瞬間に彼氏との金銭感覚の違いを実感するようです。

    給料日前はいつも「お金貸して」


    「私の彼氏は稼いだお金をすぐに使ってしまうタイプです。そのため、給料日前にはお金がなくなり、私に 『貸して』と頼んできます。すぐにお金を使うので、もちろん貯金はありません。金銭感覚がちょっとおかしいと思います」(25歳/女性/保育士)

    お金の管理ができない彼氏だと、給料をもらってもすぐに使い切るパターンが多いです。給料を全て使うことに罪悪感がないため、毎月同じようなことを繰り返します。そして、お金が足りなくなると身近な人にお金を借りに行くことが多くなるでしょう。

    このような彼氏を甘やかしていると、金銭感覚がどんどん狂ってしまう可能性があります。金銭感覚がおかしいことを本人に理解させることが重要ですよ。

    嬉しいけれど高価すぎるプレゼントは心配…


    「記念日には、いつもブランド品のプレゼントをくれます。嬉しい一方で、『本当にこれが買えるくらいの給料をもらっているのだろうか』と心配になります。給料に見合わないプレゼントなら、金銭感覚がズレているのかも…」(27歳/女性/Webデザイナー)

    彼氏から素敵なプレゼントをもらうのは嬉しいことですが、あまり高価だと不安になることも多いはず。高収入の彼氏であれば高価なプレゼントを贈られても違和感がありませんが、普通レベルの給料で高価なプレゼントをどんどん贈られると金銭感覚を疑うことがあるでしょう。

    もし、プレゼントに給料のほとんどをつぎ込み、貯金はほとんどできていないようなら注意が必要です。

    彼氏がファッションに使う金銭が多すぎる


    「私の彼氏はおしゃれが大好きです。限定のブランドスニーカーなど、高価なものでもおしゃれのためなら給料の全てをつぎ込みます。あまりにもファッションに使うお金が多すぎるので、金銭感覚の違いを感じています」(23歳/女性/営業職)

    自分が好きなものに対してどのくらいのお金を使用するのかは、彼氏との金銭感覚の違いを知るポイントになります。おしゃれが好きな彼氏の場合は、自分が気に入ったファッションアイテムを手に入れるためなら金に糸目をつけないこともあるでしょう。

    それを許容できるかできないかは、お互いの金銭感覚によります。どうしても許容できない場合は、彼氏のお金の使い方に注意を向けた方が良さそうです。

    自分なりに奮発した物を彼氏に「安い」と言われた


    「頑張った自分へのご褒美に、ブランドのバッグを購入しました。自分なりに奮発した物でしたが、金額を聞かれた答えたところ『へー安いね』と一言。これで安いのなら、彼氏との金銭感覚には大きな違いがあると感じました…」(29歳/女性/マーケティング)

    購入した物の価格に対して安いと感じるか、高いと感じるかによって金銭感覚の違いが出ます。自分では高価だと思っても、彼氏は安いと感じたであれば金銭感覚に差があると言えるでしょう。

    このような違いがあると、彼氏の買い物に対して「こんな高価な物を買うの?」と驚くことも出てくるはず。彼氏のお金の使い方に不満を感じることが多くなるパターンが多いです。

    彼氏は株で損をしても楽観的で金銭感覚が合わない


    「彼氏は副業として株をしているのですが、『100万円損しちゃった』といったようなことを平気で言います。時にも儲かる時もあるようですが…。扱っているお金の額が自分の感覚と違いすぎて、『合わないな』と感じています」(25歳/女性/企画開発)

    株取引など、多額のお金を扱うことやっている彼氏の場合は金銭感覚の違いに戸惑うことが多くなります。彼氏の方は多額の金銭を使うことに対して慣れているため、数百万単位の損に対しても鈍感になっているのかもしれません。

    しかし、損をすることに慣れていくとあっという間に資金がなくなってしまうこともあります。自分の感覚とは異なるお金を動かしている場合は注意が必要です。