2回目のデートに誘われないのは脈なし?男性心理と女性から誘うコツ

  • 2回目のデートに誘われない理由

    男性は、目的があって女性を2回目のデートに誘うようです。仲を深めたい、相手を知りたいという心理から、2人きりの時間をもっと持ちたいと思うのでしょう。

    ということは、誘われない場合こうした心理がないのでしょうか。次は2回目のデートに誘われない理由を見ていきます。

    誘われない理由①誘うタイミングを見計らっている


    2回目のデートに誘われない理由には、「誘うタイミングを見計らっている」があります。この場合は、決して脈なしとは言えないでしょう。

    例えば、あなたが毎日忙しくしている場合です。休日も何かしらしている様子があれば、男性が2回目のデートに誘いたくてもなかなか誘えないはず。

    あるいは、「すぐに誘ったら迷惑になるかも」「警戒心を持たれないように時間をかけた方が良いかも」と思いながらタイミングを見計らっているケースもあります。

    どちらにしてもこうした理由で誘われないでいるとしたら、むしろ脈ありの状態です。なるべく忙しい様子は伝えず、LINEや電話などでも良い反応を見せてあげると良いでしょう。

    誘われない理由②奥手でなかなか誘えない


    男性すべてが、気になる女性を積極的に誘える訳ではありません。中には、奥手で消極的なタイプの男性もいます。2回目のデートとなると、1回目のデートの結果次第では断られる可能性もあるため、余計に誘うことができないのかもしれません。

    あるいは、1回目のデートはあなたの方から誘ったのではないでしょうか。だとしたら、相手の男性は元々自分から誘うということが苦手なタイプの可能性があります。

    このような男性の場合は、待ち続けても誘われないことが多いです。女性の方がリードするようにして、2回目のデートに誘ってみましょう。

    誘われない理由③初デートを失敗したと思っている


    初めてのデートで「楽しませられなかった」「リードできなかった」と感じていて、誘えないでいる男性もいるでしょう。つまり、1回目のデートを失敗したため女性に嫌われたと勘違いしていて誘われないのです。

    男性は思うようなデートができなかったことで、落ち込んでしまっているかもしれません。それでいて、あなたからの連絡が少なくなったり笑顔があまり見られなかったともなれば、2回目のデートは自分から誘えないでしょう。

    こうした男性には、自信を付けさせる必要があります。「この間のデート楽しかった」「また行きたいね」と言うだけでも、相手は自信を持つはずです。

    誘われない理由④興味が薄れてしまった


    デートをしてみた結果、あなたが思っていた人とは違っていて興味が薄れてしまったというパターンもあります。2回目のデートに誘われない理由がもしこのパターンだとしたら、残念ながら脈なしの方向に向かっていると言えるでしょう。

    ただ、1度デートをしている相手です。男性も気になっていなければ、デート自体しないでしょう。

    ですから、これからのあなたの行動や接し方次第では脈ありに変わる可能性は十分あります。誘われないからとここで諦めてしまうのではなく、興味を持ってもらえるよう努力してみてはいかがでしょうか。

    誘われない理由⑤そもそも友達としてのデートだった


    2回目のデートに誘われない理由には、「そもそも友達としてのデートだった」というのもあります。つまり、お互いに気になっている男女という関係性ではなく、同性の友達のような感覚でのデートだったということです。

    この場合は、当然恋愛対象として見られていません。「話してみたら趣味が一緒だったから」「会話が盛り上がるから」という理由で初デートした可能性があります。

    2回目のデートに誘われないと思ったら、「恋愛の話をしたか」「女性として扱われたか」を振り返ってみると良いです。相手を見る意識に違いがある場合、デートそのものの意味も変わってくるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)