殺される夢が表す意味とは?シチュエーション別に徹底解説します!

自分が殺される夢を見るのは恐怖でしかありませんよね。絶対に見たくない夢トップ3に入るのではないでしょうか。しかし実は殺される夢は吉夢なんです。この記事では誰に?凶器は?など細分化してご紹介しています。恐ろしい夢の意味をぜひチェックしてみてください!

  • 殺される夢が暗示するものとは?

    自分が誰かに殺される…考えただけで恐ろしい場面ですよね。現実では絶対に起こってほしくありませんが、夢で見てしまうことがあります。この記事を読んでくださっている方のなかには自分が殺される夢を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    この記事では殺される夢が暗示するものについて、シチュエーションや凶器、相手別など多岐に渡って解説していきます。夢を見たことがある方は解釈の参考に、まだ見たことがない方は心の準備のために、ぜひご覧ください。

    「実は吉夢?」殺される夢の意味


    考えただけで怖い、自分が殺される夢ですが、夢占いでは「吉夢」とされています。吉夢とは文字通り見ると幸福になれる夢です。殺される夢が吉夢だなんて信じられませんよね。

    夢占いにおいては、殺されるものはあなたにとって抹消したいものであることを暗示しているとされています。自分が殺されるのであれば自分の性格や思考、自分自身であると考えられます。そして殺されるという受け身の行為は、他者からその恩恵を与えられるということを意味します。

    つまり嫌っていた自分の性格を、「誰かの手によって改善させられる可能性がある」というように読み解くことが出来るんです。

    今の自分をリセットしたいという願望


    先の項目でも書きましたが、自分が殺される夢は今の自分をリセットしたいという願望が反映されたものと考えることができます。

    大嫌いな自分をなかったことにしたい、リセットしたい。それは現実にはできることではありません。しかしその強い思いが夢に反映され、夢のなかで自らが殺されることによってこれまでの自分をリセットすることができるのです。

    しかしそれだけの強い気持ちがあるということは、自分がすでに変わろうとしている証でもあります。自分が殺される夢は、変わろうとしている己の背を押してくれる夢なんですよ。

    悩みが解消する暗示


    自分が殺される夢は、悩みが解消する暗示だと捉えられます。なぜなら自分自身は夢占いにおいて悩みを意味しているため、自分=悩みが殺されるとすると、悩みがなくなると解釈できるのです。

    例えば、職場の人間関係に悩んでいる人が、自分が殺される夢を見たとします。すると退職や異動などで人間関係に変化が現れ、抱えていた問題が解決することも。自分が殺される夢は、このように悩みが解消するという暗示を含んでいるんですよ。

    新しいものが生まれる暗示


    自分が殺される夢は今まであったものを断ち切り、新しいものを誕生させるという解釈もあります。これまで存在していたものが消されることで、その場所に新しい芽が誕生することを意味するんですよ。

    これまでアイディアが浮かばなかったプロジェクトが、殺される夢を見たあとでいい発想に恵まれてるなどがその一例です。