彼氏に不信感が募った時の対処法とは?信用できない原因もご紹介!

  • 彼氏に不信感が…別れた方がいい場合

    彼氏に不信感がある場合、別れた方がいいケースと別れない方がいいケースがあります。その違いはどこにあるのでしょうか。

    まずは「別れた方がいい」というパターンをご紹介します。不信感がある中こうした状況なら、彼氏とは別れてしまった方が良いでしょう。

    彼氏が原因を改善しようとしない


    あなたが不信感を持っているのに、その原因を彼氏が改善しようとしないようであれば別れた方が良いでしょう。

    例えば浮気癖がある彼氏です。一度目の浮気で不信感を抱いた彼女を他所に、二度も三度も浮気をし続けるという彼氏であれば、今後も同じ行動を繰り返します。

    さらに、彼氏はあなたの痛みを分かっていないと言えるでしょう。不信感で苦しむあなたを、粗末に扱っていると言えます。

    彼氏への不信感が募るだけでなく、男性不信に陥ってしまう可能性があるので、このような彼氏とは早い段階で別れるべきです。

    彼氏と一緒にいるとストレスになる


    不信感がある彼氏と一緒にいることが、あなたにとってストレスになるような場合も別れた方が良いです。彼氏の顔を見るとイライラする場合や、言動一つ一つを疑い疲れてしまうといった状況であれば、彼氏と付き合い続けても楽しくないでしょう。

    中には、彼氏へのストレスにより他の人に当たってしまうという人も見られます。それでは、あなたの交友関係にも影響しかねません。

    彼氏と一緒にいることがストレスになっている時点で、すでに「好き」という気持ちも薄れているはずです。早いこと見切りをつけて、新しい恋愛をした方が良いでしょう。

    自分を責めてしまう


    彼氏に原因があるのに、あたかも自分に原因があるように受け止めてしまってはいないでしょうか。「私がこんなだから…」「我慢できない自分が悪い」といったように、自分を責める必要はありません。もし、このように自分を責め追い詰めてしまうようであれば別れた方が良いでしょう。

    この場合、あなたが自信を失くすだけでなく、彼氏も図に乗ってしまう可能性があります。不信感を持たせたのが自分なのにも関わらず「彼女に悪いところがあるからそうなった」と考えてしまい、言動がエスカレートする場合もあるのです。

    そもそも彼氏が悪いことをしたと思っていない


    男性の中には、彼女に不信感を与えながらも「そもそも悪いことをしたと思っていない」という人もいます。

    例えば、他の女性と浮気しておきながら「男は浮気する生き物だから」「そんなことで不信感持つの?」といった考えの男性です。そもそも悪いことだと思っていないわけですから、反省も改善もしようとはしません。

    あなたが不安な気持ちを打ち明けた時、開き直った態度を見せたりあなたを馬鹿にするような発言をする場合は別れてしまった方が良いです。
  • 彼氏に不信感が…別れない方がいい場合

    彼氏の態度や対応によっては、好きでも別れた方が幸せになれるケースもあるようです。

    次は反対に「別れない方がいい」パターンを見ていきます。このような状況なら不信感が拭える可能性は高く、また別れて後悔することが多いです。

    彼氏が改善しようと努力している


    あなたが持っている不信感をなんとか払拭しようと、彼氏が改善するための努力をしている場合は別れない方が良いでしょう。あなたの様子を見て危機感を抱き、あなたに信じてもらおうと必死になっていると言えます。

    こうした男性の多くは、自分のした言動が「不信感を与えるとは思わなかった」というケースが多いです。実際に不信感を抱かれて、自分の悪いところや彼女が嫌がるところが明確になり、しっかりと反省していることでしょう。

    多少時間はかかるかもしれませんが、今後不信感がなくなる可能性が高いです。様子を見ながら付き合い続けてみてはいかがでしょうか。

    自分にも非がある場合


    もしあなたにも原因がある場合は、ここで別れない方が良いでしょう。不信感があるのは、もしかしたら彼氏も同じかもしれません。

    例えば、彼氏が嘘をつき不信感を持ってしまった場合です。彼氏が嘘をついた原因が、あなたの束縛が激しく一人の時間もろくに持てないでいたからだとしたらどうでしょうか。彼氏は「趣味を満喫したい」「友達とも遊びたい」という理由で、嘘をついた可能性があります。

    この場合は、100%で彼氏が悪いとは言い切れませんよね。激しい束縛がなければ、正直に話してくれていたはずです。お互いに「束縛を改善する」「嘘をつかないようにする」と約束し、もう一度やり直してみると良いでしょう。

    自分の不安な気持ちを彼氏に伝えていない


    「不信感を持っている」「信じられなくて不安」といった気持ちを、一度でも彼氏に伝えてみたでしょうか。このように彼氏に打ち明けること自体、勇気がいる人もいるでしょう。しかし、その状態で別れを考えるのはまだ早いです。彼氏もまた、何も知らずに「別れよう」と言われて納得できないでしょう。

    まずは、あなたの思いを伝えてみてください。それで彼氏が反省し、改善してくれる可能性があります。

    また中には、自分が不信感を持たせるようなことをしていると自覚してない男性もいるはずです。そうした彼氏には「こういう言動は信じられなくなる」と伝え、彼氏の反応を見てから決めても遅くないでしょう。その方が、あなたもあとあと後悔しないはずです。

    不信感以上に好きな気持ちが大きい


    これはあなた自身、かなり迷うところでしょう。彼氏への不信感以上に好きな気持ちが大きいかどうかで判断する方法です。

    彼氏がすごく好きで離れたくないと思っているなら、その気持ちを無視しないこと。あとから「付き合い続けていれば信じられるようになったかも」と後悔しかねません。

    ただ、この場合は自身の覚悟が必要になります。再び不信感を抱くような言動をされる可能性もあるため、ショックを受けたり苦しむ場面は今後ゼロとは言えません。でも、これはどのカップルにも言えること。何も問題がなく永遠に仲良くできるカップルはそう滅多にいるものではありません。

    ですから、やるだけやってみるという考えもアリ。いつしか好きな気持ち以上に不信感が大きくなったら、別れることを考えてみましょう。それまでは自分の気持ちに正直に、彼氏と付き合い続けても良いのではないでしょうか。