好きすぎる片思いに悩む女性必見!男性の本音やNG行動を徹底解説!

  • 好きすぎる片思いでやりがちなNG行動

    片思いの間は相手の気持ちが見えないので、どうしたら振り向いてもらえるかやどうしたら好きになってもらえるか四六時中考えてしまいますよね。相手にのめり込みすぎて、失敗してしまったなんて経験ありませんか?ここからは、片思いでやりがちなNG行動をご紹介します。

    メールやLINEをしつこくする


    メールやLINEをしつこくしてしまうと、相手が重荷に感じる可能性があります。その為、片思いの間は連絡をしつこくするのはNGです。

    好きな相手とは常に繋がっていたいと思うのが乙女心。しかし、男性はそうではない人の方が圧倒的に多いです。返信を催促したり、何度も連絡を送られすぎると嫌がるといった人は少なくありません。

    片思いの間は、相手が連絡がマメな人なのかそうではないのかをしっかりと見極めて適度にやりとりするのがよいでしょう。連絡を送りすぎるのは避けた方が良いです。

    わざと嫌いな態度を取る


    相手の気を引くために、わざと嫌いな態度をとったり意地悪するような行動はあまり得策だとはいえないでしょう。

    素直になれない人にもよくありがちですが、好きな人にそっけない態度をとったり冷たくあしらったりしてしまうことってありますよね。相手の気を引かせるといった観点では、もしかしたら有効な手段かもしれません。

    しかし、男性は「何か悪いことしたかな」と思うだけでそれが好意からされていることだとは気づかないのです。むしろ、わかりやすい愛情表現に気が惹かれるもの。片思いの相手を振り向かせたいのであれば、優しく笑顔で接することが基本です。

    ボディタッチが激しい


    「片思いの相手にはボディタッチが効果的」という情報を聞いたことがあるかもしれませんがが、やりすぎると不快な思いをさせる可能性があるのでNGです。

    ボディタッチは、恋愛対象の人から適度にされるには嬉しいものだと思います。さりげなく腕に触れられたり、肩を叩かれればドキドキする人もいるでしょう。しかし、あくまでも適度にすることが良いとされているのであってやりすぎると逆効果です。

    特に、飲みの場でベタベタしたり人前での過剰なボディタッチは引かれてしまうどころか軽く見られてしまうかも。好きな人だからこそ、ボーダーラインを超えないように気を付けましょう。

    場違いなシーンで色気で攻める


    好きな人の気を引くために、露出した服を着て色気で攻める人がいますがその場の雰囲気や服のスタイルによっては引かれてしまうかもしれません。

    最近では背中ががっつり空いているシャツやウェストが短いキャミソールなどが流行っていますが、職場やレストランなどの場でそういった格好は好ましくありません。男性の中にも、そういった露出が激しい服を着ている人に対して空気が読めない女性だなと感じる人もいるのです。

    男性はそういったわかりやすい露出よりも、ボディラインやちらっと見えるうなじなどに色気を感じます。色気仕掛けを意識しすぎると、ただ露出が激しいという印象になってしまうので注意が必要です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)