「長い春」に疲れてしまったら?なりがちなカップルの特徴と回避方法

  • 長い春を避けるための方法

    長い春にならないようにするためには、どのような工夫が必要になるのでしょうか?いつまでも付き合いが続く=仲の良いカップルになるとは限らないので、カップルを終えて次のステージの結婚まで考えることが重要になります。

    仲の良い夫婦になるためにも、長い春を避ける方法について一緒に見ていきましょう。

    早い段階で結婚に向けて動く


    付き合って1年経った頃くらいから徐々に結婚に向けて動くと、長い春を迎えることなくスムーズに結婚できます。

    お互いに早めに同棲を始めて、「○○くらいには結婚しようね」と話し合いをすることで、結婚に対する意識が高まるだけでなく、余裕をもって結婚の準備ができるのです。

    もし、遠距離恋愛をしていたり、お互いの生活ペースが合わない場合は、早めに結婚の話をしておくことがポイント。お互いに将来を考えられる相手なら、どちらかが仕事や住居を変える必要があります。

    このように早い段階で結婚に向けて動くことで、お互いに将来を考えやすくなるでしょう。

    優柔不断な相手はスッパリ見限る


    結婚の話題を出しても、「そのうちね」「まだ結婚は早いんじゃない?」「結婚はまだ先」と付き合って1年以上たっても結婚する意志を見せない相手とは、思い切って別れるのも一つの手です。

    結婚の意志が薄い人は、まず結婚に対する欲がない可能性があります。優柔不断な相手に希望を持ち長く付き合い続けたのに、いつまで経っても結婚できずに長い春を過ごしてしまったというケースも少なくありません。

    積極的に結婚の話し合いに参加してくれない相手は、早めに見切りをつけましょう。

    付き合って2、3年のうちに結婚


    結婚のタイミングを逃さないためには、付き合って2、3年の期間が重要です。付き合って1年の時はまだお互いに知らない部分もあり、直ぐに結婚するのは難しいですが、付き合って2年も経つ頃には、お互い気が知れた仲になります。

    また、付き合いが2年以上続く場合は、お互いの相性も良い可能性が非常に高いため、結婚後も幸せな家庭を築きやすいと言えるでしょう。

    恋人と付き合いが2年以上続くのなら、結婚や将来についての話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

    結婚に消極的な相手と付き合わない


    恋人と長い春を経験しないためには、あらかじめ恋人になる相手に結婚願望があるのか見極める必要があります。

    なので、出会ってから付き合うまでの間に、「将来結婚したいと思う?」と軽く質問しておくのが無難です。

    ただ、初対面なのに結婚の話を沢山してしまっては、相手も引いてしまうので要注意。結婚願望については、自然に話しかけるのがポイントになります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)