「長い春」に疲れてしまったら?なりがちなカップルの特徴と回避方法

  • 長い春になりがちなカップルの特徴

    長い春になりやすいカップルには、いくつか特徴がみられます。では、すぐ結婚するカップルと長い春になりやすいカップルにはどのような違いがあるのでしょうか?

    自分たちが長い春になっていないか確認するためにも、特徴を詳しく見ていきましょう。

    将来について深く考えていない


    将来について深く考えないカップルだと、将来の明確な目標が無いために、現在の付き合い方のまま過ごすことになります。その結果、長い春に入ってしまい、なかなか結婚するまでに至らなくなるのです。

    現状維持でも、金銭面などお互いに支障がないなら尚更婚期を逃してしまいます。いつまでもカップルの関係でいると、次第に危機感も薄れてくるのが現状です。

    このように将来についての話し合いがしっかりできないカップルは、長い春に入りやすいと言えるでしょう。

    どちらかが結婚に対して消極的


    どちらかが結婚に対して興味がないと、結婚の話題が上がらずに、真剣に結婚の話をする機会ができません。

    このように、結婚について話し合えないカップルはどちらかが結婚に興味がないせいで「結婚の話題を持ち出すのが気まずい」空気になっている可能性が非常に高いと言えます。

    どちらかが結婚に対して関心がないと、話を持ち出しづらく、「結婚の話をしたら関係が崩れてしまうかも」と不安な気持ちになるのです。

    結婚について真剣に話し合う機会を作らないと、長い春に入ってしまうでしょう。

    現状に満足している


    結婚をすれば、お互いの家族との関係が深まったり、将来家庭を築きたいのなら、親としての責任も伴うようになってきます。

    そのため、結婚=責任が増えると考える人は、カップルでいる現状に満足しがちです。カップルなら、最悪別れても離婚にもなりませんし、お互いがまだ他人の状態なので気持ちが楽と感じる人も多い傾向にあります。

    ただ、現状に満足したままでいると、いつまでも恋人との付き合いが長くなるだけで結婚するタイミングが生まれません。

    将来的に結婚したいと考えているのなら、早めに結婚の話し合いをしないと、長い春に入る可能性が高まります。

    恋人関係が薄れている


    一緒にいることが普通になるくらい長い付き合いのカップルだと、恋人同士という関係も薄れてくるのです。

    例えば、付き合いたての頃は手をつなぐのも恥ずかしかったり、どこに行くにもドキドキしていた感情も長くいることで徐々に薄れてきて、一緒にいることに慣れてきます。

    恋人同士という感情が薄れてしまうと、お互いに兄弟のような感覚になり、最悪の場合「一緒にいると落ち着くけど、この人と結婚はないかも」と考えるようになるのです。

    お互いの関係があいまいにならないうちに結婚をしないと、長い春に入るだけでなく、相手に対しての結婚願望も薄れてしまうので注意しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)