「長い春」に疲れてしまったら?なりがちなカップルの特徴と回避方法

「長い春」ってご存知ですか?付き合いが長いカップルであればあるほど、結婚するタイミングを逃してしまう現象のことを指します。今回は、長い春になってしまう原因や対処法について徹底リサーチしました!恋人と長い春にならないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

  • そもそも「長い春」とは?

    たまに耳にする「長い春」ですが、意味はご存知でしょうか?長い春は、季節の春を表すのではなく、カップル間における付き合いを意味した言葉です。

    今回は、長い春の意味や、長い春の原因などを徹底リサーチしてみたので、「長い春」について気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    「長い春」の意味


    「長い春」とは、付き合いが長すぎるカップルが婚期を逃してしまっていることを意味する言葉です。お互いに一緒にいることが普通になってしまったり、ドキドキ感が薄れたりと原因は様々ですが、長い春は自分たちで終わらせない限りずっと続きます。

    周囲から見ても、「あの二人ってずっと付き合っているけど結婚しないよね」と言われるカップルは、長い春のループにハマってしまっていると言えるでしょう。

    いつからが「長い春」になる?


    基本的に、長い春は付き合いが3年以上のカップルを指します。女性は、3年以内に結婚して出産しないと、本能的に相手の男性を「種を残せない相手」だと思うようにできているのです。

    そのため、3年以上の付き合いを続けていると、結婚の概念が薄れてしまい、なかなか結婚できない状態になってしまいます。

    男性側も付き合いが長いと、結婚する意欲は薄れて、結婚=面倒と認識してしまう可能性が高まるのです。

    「長い春」の落とし穴って?


    長い春は、付き合いが長いカップルであればあるほどループにハマりがちになります。なぜなら、お互いに自立して働けていたり、一緒に過ごすルーティンが出来上がっていると、結婚するメリットがないからです。

    「結婚はもう少し先でいい」と、どちらかが思ってしまえば、いつまでたっても結婚できなくなってしまいます。

    お互いに一緒にいることが普通になり、結婚したい意識が薄れてしまうのが、長い春の落とし穴です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)