8月2日生まれの誕生花や星座って?性格や恋愛傾向についても解説!

  • 8月2日生まれの恋愛傾向は?

    8月2日生まれの人の特徴をご紹介してきましたが、次は恋愛傾向についてまとめてみましょう。自分の誕生日が8月2日の人も、気になるあの人の誕生日が8月2日という人にも、その恋愛についての傾向は興味津々のテーマですよね。ぜひあなたの恋愛の参考にしてください!

    恋愛運が良い


    8月2日生まれの人は、その持ち前の社交性や協調性によって出会いも多いので、自然に恋愛のチャンスも多くなります。また優しく穏やかな性格ですから、男性も女性も異性に良い印象を抱いてもらいやすいという点でも、恋愛運が良いと言えるでしょう。

    男女共に20歳から30歳の間に大きな恋愛運があるようです。特に男性は20代前半にロマンティックな恋愛を経て早くに結婚することができます。女性も20代にやはり熱烈なお付き合いが出来ますが、アウトロー的な男性に惹かれがち。見る目が問われます。

    何より恋人や家族を大切にするのが8月2日誕生の人。恋愛運の良い若い時期にいい伴侶を得ることで、仕事など全体的な運気も上がりますよ。

    気持ちはストレートに伝える


    本来は恋愛に関してもあまり自分の意見を伝えられない8月2日生まれ。とはいっても、何しろ恋愛や結婚にはロマンティックな理想を持っていますので、好きになったらその気持ちをオープンに表現します。特に誕生日が8月2日の女性にその傾向が強いようです。

    しかし基本的には相手に合わせたいのも8月2日生まれの特徴です。そのため、好きになった人の誕生日が8月2日なら、待っていてもなかなか進展しないかもしれません。自分から気持ちをストレートに伝えたら案外スムーズに恋愛が始まっなんてこともあります。

    そう気持ちをストレートに伝えるのは8月2日が誕生日の本人ではなく、彼氏彼女になりたいあなたのほうです。思い切って伝えてみましょう。

    頼られると嬉しい


    人のサポート役を率先してやれる8月2日生まれは、もちろん恋愛においても相手の役にたつことが大好きです。気配り上手で世話を焼いてくれるので、誕生日が8月2日の男性の彼女は一緒にいてとても楽でいられるでしょう。

    誕生日が8月2日の女性の彼氏も、何かとサポートしてくれる彼女にはいつも助けられているはず。女性でも男性でも8月2日が誕生日の人は、好きな人に頼られるのが嬉しいのです。困ったり助けてほしい時はぜひそう伝えてみてください。

    頼って頼られて、共同作業が2人の間柄を親密にしてくれます。ただ8月2日生まれの人は相手への献身が過ぎて引かれてしまう、なんてこともありがちです。やり過ぎには注意が必要ですね。

    何かと受け身


    これまで何度かご紹介してきたように、8月2日生まれの人は恋愛において「何かと受け身」です。誕生日が8月2日の人と恋愛するなら忘れてはいけない恋愛傾向です。付き合いはじめも自分からは行かず相手のアプローチを待っていますし、恋愛中も同様です。

    なんだか頼りないようにも見えますが、単に相手の好みを優先したり、相手の指示に従うことが好きなのです。積極的に自分から意志や気持ちをなかなか示してくれないので、期待しているとヤキモキしてしまうかも知れません。

    何かと受け身でいたがる8月2日生まれの彼氏彼女には、自分から色々提案したり頼ったりするのが恋愛を順調にするコツです。多少なら束縛されるのも好きなようですよ。
  • 8月2日生まれの誕生花・誕生石は?

    では次は8月2日の誕生花や誕生石をご紹介しましょう。どちらも8月2日に誕生した人にピッタリお似合いの素敵な花やストーンです。大切な人の誕生日が8月2日という人は必見です!プレゼントのヒントに、また話のきっかけに出来るといいですね。

    【誕生花】キキョウ


    8月2日の誕生花として代表的なのがキキョウです。夏に咲く綺麗な青紫色をした、可愛らしい星型の花びらが特徴です。万葉集や家紋にも使われる古くから日本では愛されている涼やかな花なので、明るくて誠実、ちょっとシャイな8月2日生まれの人にぴったりの印象の花です。

    花言葉は「永遠の愛」「誠実」「清楚」「従順」と、まさに愛する人を大切にして尽くす8月2日生まれの人を表すようなワードが並びます。西洋の花言葉でも同意語が並ぶので、キキョウの気品や清楚さは世界共通なのですね。

    ご紹介した青紫のほか、ピンクや白、また八重咲きなどの品種もあります。誕生日のお祝いには、その人のイメージで色などを選ぶのも素敵です。

    【誕生花】カンナ


    カンナも夏に咲く、日差しに負けない強さと華やかさを備えた大輪の花です。熱帯を思わせる明るくポジティブな姿は、まさに8月2日生まれのイメージどおりですね。花言葉は「情熱」「快活」、そして「永遠」「妄想」。

    花言葉の「情熱」や「快活」は8月2日に誕生した人の性格の明るさや仕事での活躍を思わせますね。また「永遠」「妄想」は恋愛や結婚にロマンチックな理想を持ち、パートナーや家族を大切にする8月2日生まれの気持ちを言い当てているようです。

    大きくなる球根植物なので花束やプレゼントに、というのはちょっと難しいかもしれません。でも8月2日生まれの人を思い出すインパクトがある花なので、待ち受け画像などにいいかも。

    【誕生花】ヒマワリ


    夏と言えばこの花、というヒマワリも8月2日の誕生花です。華やかでいて、どこか静寂さをたたえて見えるヒマワリも8月2日生まれの人のイメージに合っていますね。花言葉は「私はあたなただけを見つめる」「憧れ」「崇拝」などです。

    ヒマワリは色によっても花言葉が変わり、例えば白いヒマワリは「ほどよき恋愛」、オレンジ色なら「未来を見つめて」となります。また本数別の花言葉もあり1本は「一目惚れ」7本は「密かな愛」99本は「永遠の愛」などとなっています。

    夏らしくて花束も明るく可愛らしいヒマワリは誕生日プレゼントにピッタリです。想いを込めたい人はぜひ花言葉にあった色や本数を揃えてみてはいかがでしょうか。

    【誕生石】 ブルーカルセドニー


    8月2日生まれの誕生石、まずひとつめは「ブルーセカドニー」です。あまり聞いたことがない名前ですが、歴史がとても古い天然石です。「水」や「海」を象徴するパワーストーンで、現代でもその見た目と癒しのパワーを求める人にアクセサリーとして人気があります。

    ブルーセカドニーには持ち主を直観力を高め感じとる力、そして心を穏やかにして心のバランスを整える力があると言われています。また、人の感情を理解して言葉で伝えるパワーストーンでもあります。

    まさに8月2日が誕生日の人の長所を増幅して、逆に短所を補ってくれるようなパワーストーンですね。8月2日生まれの恋人へ誕生日や記念日に贈ってあげたい誕生石です。

    【誕生石】ブルークォーツ


    もうひとつの誕生石は「ブルークォーツ」です。こちらはその名前を聞いたことがあるといういう人も多いでしょう。「青水晶」とも呼ばれます。ブルーセカドニー同様、8月2日生まれの人にはお似合いの綺麗な青色のストーンです。

    ブルークォーツは負のエネルギーを癒し、恐怖や不安によるストレスを解消するパワーがあると言われています。また石の持つエネルギーが緊張感や高揚感を鎮めてくれるので、大事な局面でベストコンディションを作りだしてくれそうです。

    ぜひ8月2日が誕生日の人に「あなたの支えになりたい」そんな想いを込めて手渡したくなる、8月2日生まれを守ってくれそうな素敵な誕生石ですね。

    【誕生石】アイオライト


    8月2日の誕生石、次にご紹介するのは「アイオライト」です。「アイオ(すみれ)」「ライト(石)」という意味の言葉をつなげた造語からついた名前で、その名のとおりすみれの花のような少しくすんだような落ち着いた青色の綺麗な石です。

    また、この石は角度によって紫色や黄色などにも見える石のため、その昔は方角を指し示すと船の羅針盤などにも使われていたとか。そのため持ち主を最良の方向に導くパワーストーンと言われています。良縁や成功に導いてくれる、8月2日に生まれた人の守護石です。

    気持ちをリセットする癒しの力もあるアイオライト。無理をしがちな8月2日生まれの彼氏彼女を守ってあげたいなら、プレゼントにお薦めです。