ハイスペック彼氏ってどんな人?職業・条件やアプローチ方法も公開!

  • ハイスペック彼氏の職業といえば

    高収入で安定した職業に就いていることがハイスペック彼氏の条件だと理解できても、具体的にはどの職業が当てはまるのか知りたいところですよね。次は、ハイスペック彼氏の職業を紹介していきます!

    医者


    年収1,000万円以上あり、将来も安定しているのが医者です。ハイスペック彼氏と聞いて最初に医者を思い浮かべる人も多いと思いますが、それほど世間で認められた職業だと言えるでしょう。彼氏が医者だと言えば、周囲の友達は必ず羨ましがるはず。

    医者は、高収入であるだけではなく高学歴です。すでに2つの条件をクリアしているので、イケメンでスタイルがよく、他の医者や看護師、患者さんから人気者な医者だと、ハイスペック彼氏だと言えます。

    他の高収入の職業と比べると、リストラされる可能性が少なく収入も安定しているため、多くの女性の憧れるハイスペック彼氏の職業です。そのため、ライバルが多く浮気の心配がつきものなのが難点ではあります。

    弁護士


    高収入と言えば、弁護士も必ずランクインする職業ですよね。高学歴でなければならず、話し上手でもある弁護士にスマートなイメージを持つ人は多く、彼氏は弁護士だと言うとハイスペック彼氏だと認定されるでしょう。

    弁護士の年収は1,000万円以上で、さらに高額な年収をもらっている人もいるようです。多くの人から頼られる弁護士は人望が厚い人が多く、プライベートで有名人と交流がある場合などは人脈も広いでしょう。

    高学歴で高収入、また人望も厚い弁護士はハイスペック彼氏と言えます。

    商社マン


    20代後半で年収1,000万円以上を得ることも不可能ではない商社マンも、ハイスペック彼氏の職業です。コミュニケーション能力が高く、社交性のある商社マンを彼氏にしたいと考える女性もたくさんいるのではないでしょうか。

    商社マンは頭の回転がよくなければ務まらない職業のため、ハイスペック彼氏の条件である高学歴もクリアします。さらに、誰もが知っている大手企業の商社マンなら将来も安泰。

    商社マンは海外で仕事をする機会が多いので、商社マンと結婚すれば海外生活も夢ではありません。

    経営者


    会社を経営するほどの知識と人望を持つ経営者も、多くの女性の憧れであり、ハイスペック彼氏だと認定される職業の1つ。並々ならぬ努力をしてきた経営者には人を魅了する何かがあり、女性だけではなく男性もお近づきになりたいと考える職業でもあります。

    しかし、経営者だからと言って年収が高いとは限りません。彼氏が会社が経営難に陥っている場合、結婚して安定とは程遠い生活を送ることになる可能性もあります。とはいえ、10年以上継続して企業を続けられているなら、ハイスペック彼氏と呼べるでしょう。

    出典:東洋経済オンライン『最新版!129の「職業別年収ランキング」』(2018年)
    https://toyokeizai.net/articles/-/212579

    ダイヤモンド・オンライン『三菱商事の平均年収1600万円!知られざる商社マンの給料・婚活・結婚生活』(2020年)
    https://diamond.jp/articles/-/235095

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)