彼氏と別れたいけど言えない…その理由や対処法をご紹介!注意点も

  • 彼氏と別れたいけど…彼氏が別れてくれない時は

    別れたいと言えないでいた中ようやく言えたら、一歩前進した気持ちになるでしょう。でもあなたが「別れたい」と言っても、それを彼氏が受け入れてくれないこともあります。そんな時はどう対処すべきなのでしょうか。

    「別れたい」ではなく「別れます」と伝える


    まず、彼氏と別れたい時は「別れたい」ではなく「別れます」と伝えた方が良いです。別れたいと伝えた場合、彼氏にはあくまで願望に聞こえてしまいます。

    すると、彼氏は「嫌だと断れば別れなくて済む」という考えになってしまうでしょう。ですから「別れます」と伝え、意志が固いこと、そして決定事項として伝えると受け入れざるを得なくなります。

    付き合うには、両者の同意が必要ですよね。片方が「別れる」「付き合っていない」となれば、いくらもう片方が付き合い続けていきたいと思っても実際には成立しません。

    別れ話の切り出し方によっても、相手の受け止め方は変わります。「もう決めたこと」として伝えましょう。

    質問されてもスルーする


    別れたい気持ちが強く、彼氏と関わること自体嫌に感じているくらいであれば、質問されてもスルーするくらいの覚悟で突き放してください。

    きっと「なんで別れるの?」「俺のこと本気じゃなかったの?」などと聞かれるでしょう。そこで真摯に向き合うと、「まだチャンスがある」と思われ別れ話が長引きます。

    この方法は、彼氏にとって少し酷な方法です。彼氏と長い期間付き合ってきたとしたら、「傷つけている」「ひどいことをしている」という感覚になるでしょう。でも、その情によって流されてしまっていては、いつまでも別れることができません。

    何を聞かれてもスルーするくらいの強い気持ちで別れ話をし、「もう無理なんだ…」と彼氏に諦めてもらうしかないでしょう。

    時間があるならとことん話し合う


    「今すぐに別れたい」「好きな人がいる訳じゃない」という場合であれば、別れることを急ぐ必要はないでしょう。時間があるのであれば、とことん話し合ってみてはいかがでしょうか。彼氏も納得できれば、別れることを覚悟するはずです。

    例えば別れる理由が分からない、あるいは交際が順調だと思っていた彼氏の場合は、急に別れたいと言われても納得できません。一方的に別れを告げられた状態で、「分かった」と納得する人は少ないでしょう。

    だとしたら、話し合いをして納得してもらった方が話は早いかもしれません。また、時間をかけて話し合うことで「面倒になってきた」「もうどうでもいい」という気持ちにさせることもできます。

    納得するまで話し合いをする場合、別れるまでには時間はかかるものの別れた後のわだかまりはできにくいです。

    すべてをブロックする


    彼氏との繋がりを絶つために、すべてをブロックしてしまいましょう。電話番号を着信拒否したりLINEをブロックしたりと、彼氏から連絡が来るのを防ぎます。

    その後、数週間程度で彼氏も諦めるはずです。彼女に言いたいことも言えない、そして存在を感じられない状態がしばらく続けば、彼氏も「もう無理なんだ」と感じるでしょう。

    この方法は、時間に任せるという方法です。彼氏の中から自分の存在を消せば、いつしか彼氏もあなたのことを忘れようとするでしょう。

    ただこの方法は、別れた後に再び繋がりを持つことが難しいです。また、ブロックを解除した途端に連絡が来るといったことも考えられるため、「今後繋がりを持たなくて良い」と思う場合に活用しましょう。
  • 彼氏と別れたい!別れ話の際の注意点

    別れ話をする時にはいくつか注意点があります。あなたの方から別れを告げる訳ですから、ある程度の覚悟は持たなくてはならないでしょう。

    では、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。別れ話をする前に、こうした覚悟や意識を持つ必要があります。

    怒りっぽい彼氏なら第三者を交えて


    彼氏が怒りっぽい場合は、第三者を交えて別れ話をした方が良いかもしれません。普段から暴力的であったり感情的になりやすい彼氏であれば、別れ話をした時に怒り出す可能性があります。

    身の危険を感じるようであれば、二人きりでの話し合いではなく第三者に協力してもらった方が良いでしょう。きっとなかなか言えないでいたのも、彼氏の性格的な問題があったからですよね。でも他の人の目があれば、彼氏は冷静でいられるはずです。

    可能であれば、複数人いる状況の方が良いでしょう。難しい場合は、人目があるお店などで話をした方が安全性は高いです。

    自分が悪者になる覚悟を持つ


    別れたいと思っているのはあなたの方ですから、場合によっては自分が悪者にならなければなりません。

    例えば、別れたいと言えない時は彼氏に嫌われるような行動を取って、あえてフラれるようにしなければないでしょう。そんな時は、彼氏に「ひどい女」「最悪な女」と思われなければなりません。そうしないと、彼氏の方から別れたいと言ってもらえない可能性があります。

    そのためには、悪者になる覚悟は持つ必要があるでしょう。最後まで良い女でいようとしてしまうと、彼氏と別れることは困難です。嫌われてもいい、最低な女でもいいという覚悟を持って立ち向かいましょう。

    期待させる事は言わない


    期待される事は言わないようにも注意しなければなりません。「もっとこうしてくれたら…」「本当は好きだけど」なんて期待を持たせるような言葉を言ってしまうと、別れに応じてくれなくなります。

    別れる時、誰でも綺麗な別れ方をしたいと思うものです。でも、期待させる言葉を言っては、彼氏が可能性を感じるだけ。かえって別れ話を長引かせてしまいます。

    LINEで別れ話をする方法にもあったように、彼氏への情や感謝の気持ちは別れることになってからの方が良いでしょう。まだ別れに応じていない彼氏に対してこのようなことを言うのは、逆に「別れたくない」という思いを強めてしまうだけです。

    事前に「別れたい」を匂わしておく


    突然別れ話をされるよりも、「別れそうだな…」とある程度覚悟を持てていた方が、彼氏も受け入れやすくなります。ですから、彼氏と別れたいと思い始めたら、少しずつ距離を取ったり態度を変えてみると良いです。

    例えば、連絡やデートの頻度を減らしてみたり、素っ気ない態度を見せながら冷たくしたりといった行動ですね。こうした行動がしばらく続けば、「冷められている気がする」と彼氏も思うでしょう。

    それから「実は別れたい」と話を切り出せば「やっぱりそうか…」と納得してくれやすくなります。直接別れたいと言えないとしても、「別れたい」を態度や行動で少しずつ匂わしておくとスムーズに別れられることが多いです。