Dカップって実際どれくらいの大きさなの?男性の本音も一挙公開!

Dカップは理想的なバストとよくいわれますが、実際のところはどうでしょうか?男性がイメージするDカップとリアルなDカップには微妙な差が生まれているようです。ここでは、Dカップに対する男女の本音から、美しいバストを手に入れる方法までたっぷりとご紹介していきます。

  • Dカップは男女の理想のサイズ!?

    女性がバストのサイズを「Dカップです」と答えているのを見ると、「結構大きいな」という印象を持ちますよね。それでいてDカップは嫌味を感じさせません。ですので、Dカップの女性は同性から見ても魅力を感じやすいです。

    DカップはCカップよりも男性ウケし、女性から見ても「ちょうどいい」と思わせる理由は何でしょうか。なぜDカップが男女の理想サイズとなるのか、本当にちょうどいいサイズなのかを考えてみましょう。

    アンダーサイズによって印象が変わる


    バストサイズを決める定義は「トップとアンダーの差」です。Dカップといっても、かなりボリューミーな人もいれば、意外と小さく見える人がいますよね。その理由は、アンダーサイズの差です。

    同じDカップでも、アンダーサイズの差によって見た目の印象は大きく変わります。スレンダー体型のDカップと、ぽっちゃり体型のDカップを思い浮かべてみてください。バストの大きさや形がはっきりわかるのは前者ではないでしょうか。

    つまり、くびれのあるグラビアアイドルのようなDカップこそが、男性にとっての理想なのでしょう。

    Dカップの重さは?


    Dカップの重さは両胸で約760g。なんとグレープフルーツ2個が胸についている状態と同じなんだそう。Cカップの人で500mlサイズのペットボトル相当の重さといわれているので、考えただけで肩こりがひどくなりそうです。

    バストアップを求めるほど負荷がかかってしまう…そう考えると躊躇してしまいますよね。Dカップが理想的なサイズといわれても、女性にとっては悩みが増えてしまうものです。でも男性にとっては、ずっしりと重みを感じられるおっぱいの方が嬉しさが増すようです。