共依存夫婦の特徴や原因とは?起こり得る問題についても考えてみよう

「共依存夫婦」という夫婦の関係性をご存じでしょうか?自分を犠牲にしてまで相手に尽くしすぎてしまう、常に相手の顔色をうかがって生活をしていて苦しい...。そんな人は、もしかしたら共依存夫婦になっているかもしれません。そこで今回は、共依存夫婦になる原因や特徴、抜け出し方などをご紹介します。自分達夫婦のあり方に疑問を持っている人は、ぜひご覧ください。

  • 共依存夫婦って具体的にどんな夫婦?

    共依存夫婦とは、夫と妻がお互いに過剰に依存している夫婦のことを指します。パートナーの存在によって自分自身の価値を見出す傾向にあり、その関係性によって苦しんでいる人たちがいるのです。この記事では、共依存夫婦について具体的にご紹介します。

    そもそも「共依存」って?


    共依存とは、恋人、配偶者、親子、友人などの特定の人と、お互いに過剰に依存し合ってしまうことを指し、その関係性は2つのタイプに分かれて成り立っています。

    その2つのタイプとは、相手をコントロールし思い通りにしようとする「支配する側」と、そんな相手に尽くしたい、認められたいと思い振り回されてしまう「支配される側」です。

    このように、支配する側とされる側として成り立つことで、自分自身の価値を相手に見出し、精神を保とうとしてしまう傾向があります。

    夫婦だけではなく親子間にも起こりえる


    共依存は夫婦だけではなく、親子間にも起こりえます。

    子離れできない親が問題になることがありますが、この状態がエスカレートすると共依存を引き起こしてしまうので注意が必要です。

    正常な親子関係であれば、子どもが成長するにつれて芽生える自立心を親がサポートしながら見守っていくでしょう。しかし、共依存親子の場合は、親の過干渉によって子どもの自立心を阻害してしまうのです。

    モラハラやDVから共依存になることが多い


    モラハラやDVの被害者が、心身ともに傷ついているにもかかわらず加害者から離れることができないのは、共依存が原因の1つにあります。

    暴力と甘い言葉で相手を支配し、心の充足感を得ている加害者に対して、被害者は「この人は自分がいないとダメなんだ」と錯覚してしまうのです。離れるどころか、より一層相手に尽くそうとしてしまうのが共依存の特徴であるといえます。

    暴力の後に見せられる愛情ある言葉や態度に縛られた被害者は、相手に求められていると思い込み、離れることができなくなってしまうのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)