【10月7日生まれ】誕生花や星座は?性格や恋愛傾向についても解説

  • 10月7日生まれの誕生花・誕生石

    誕生日が10月7日の人について、性格や恋愛傾向だけでなく、星座から見える相性の良い相手についても解説しました。気になる相手、あるいは自分自身の星座と比べてみていかがだったでしょうか。

    誕生日によって割り当てられているものは、星座だけではありません。続いては、10月7日生まれの誕生花と誕生石についてご紹介していきます。

    誕生日によって決められる花や宝石は、贈り物にも良いでしょう。その際はぜひ、花言葉や石言葉にも注目して選んでみてください。プレゼントの折にそんな話題が出てくれば、10月7日生まれの気持ちを一気に惹きつけられるのではないでしょうか。

    【誕生花】キンモクセイ


    秋を代表する花とも言える、独特な香りと細やかな黄色い花が特徴的なキンモクセイが、10月7日生まれの誕生花です。この香りを嗅ぐと、秋の訪れを感じる人も多いのではないでしょうか。

    キンモクセイの花言葉は「謙遜」「真実」。正直者であり、自分を誇張することのない10月7日生まれにピッタリの誕生花と言えるでしょう。

    花の大きさこそ控えめではありますが、その芳醇な香りは10月7日生まれながらの独自性を表しています。ポプリなど香りを楽しむアイテムにも多く使われていますので、贈り物にちょうど良いのではないでしょうか。

    【誕生花】ハギ


    しなやかな枝を伸ばした先に、紫やピンク、白といった花をつけるハギ。秋の七草のひとつにも数えられるハギが、10月7日のもう一つの誕生花です。山野に自生しており、古くから日本人に親しまれてきた草花と言えるでしょう。

    そんなハギの花言葉は「思案」「内気」「柔軟な精神」。少々奥手なところはありながらも、思慮深く観察眼のある10月7日生まれに似合う誕生花です。

    奈良時代の詩集「万葉集」に詠まれた、山上憶良(やまのうえのおくら)の歌が由来となった秋の七草。桔梗や撫子といった他の七草と一緒に、花束にしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

    【誕生石】10月7日生まれらしいラピスラズリ


    10月7日の誕生石は、和名では瑠璃と呼ばれるラピスラズリです。鮮やかな青色のラピスラズリは、エジプトの王ファラオをはじめ世界中で古くから愛されてきた宝石。装飾品としてだけではなく、薬に使われていたというエピソードもあるなど、さまざまな方面で力を発揮すると言われてきました。

    ラピスラズリの石言葉は「深い愛情」「成功」「夢を掴む」。友人や恋人、家族への深い愛情を持ち、強い集中力によって夢を掴む10月7日生まれを象徴する宝石であり、相応しい誕生石であると言えるでしょう。

    【誕生石】10月7日生まれに勇気を齎すトルマリン


    電気を帯びるという特性を持つトルマリンが、10月7日のもう一つの誕生石。新しいことを始めたり、チャンスを引き寄せたりする力を持っている宝石です。色のバリエーションが豊富で、青、ピンク、黄色などの種類があります。

    トルマリンの石言葉は「発展」「真のパートナー」「新しい一歩」。奥手になりがちな10月7日生まれにとって、真のパートナーとなるべき相手との仲を発展させるための第一歩を踏み出すチャンスをくれる石となるのではないでしょうか。

    10月7日生まれへの誕生日プレゼントとして渡せば、そこに秘められた勇気を相手が察してくれるかもしれません。
  • 10月7日生まれの有名人

    10月7日の誕生日に定められた誕生花や誕生石について、花言葉や石言葉とともにお伝えしました。10月7日生まれの誕生日プレゼントのヒントにもなったのではないでしょうか。

    最後に、10月7日を誕生日とする有名人の皆さんをご紹介します。年こそ違えど、同じ日に生まれた人を知ることによって、10月7日生まれの人をより深く理解するためのきっかけにすることができるのではないでしょうか。

    同じ誕生日の人を目標にするもよし、同じ誕生日のよしみで応援するもよし。同じ日に生まれたという偶然をどのように活用するかはあなた次第です。

    生田斗真(俳優)


    ジャニーズ事務所所属の俳優、生田斗真さんの誕生日は1984年10月7日。ジャニーズ事務所に入所後は、TV番組「天才てれびくん」でてれび戦士として出演するのをきっかけに、番組中でウエンツ瑛士と「ストロベリーパフェ」というバンドでCDデビューもしました。

    NHK連続テレビ小説「あぐり」で子役としてもデビューし、以降はジャニーズ事務所に所属しながら俳優業がメインという、珍しいタイプの人物です。進路について悩んだ時期もあるようですが、舞台の魅力に惹かれて芸能活動続行を決意したというエピソードも。

    自分が熱中できるものに対して、実直に取り組む彼は、10月7日生まれの皆さんにとって良き目標となるでしょう。

    叶恭子(タレント)


    「セレブリティライフスタイルプロデューサー」を名乗る「叶姉妹」。その姉役である叶恭子さんの誕生日は、なんと1962年10月7日。実年齢からは信じられないほどの美しさは、身に纏うゴージャスな服飾品にも引けを取りません。

    左掌に「叶」の文字、足の甲には自らが下絵を描いた白虎の姿のタトゥーが彫られている他、アンダーヘアーの部分にバタフライの絵も彫られているのだとか。昆虫好きとして知られる他、ペットのベンガルキャットを溺愛しているそうです。

    雲の上の人物に思える恭子さんも、誕生日が同じだと思うと身近に感じるのではないでしょうか。恭子さんのように美の追求を目指すのも良いでしょう。

    野球選手・坂本充の誕生日も10月7日


    福岡県出身の元プロ野球選手である坂本充選手の誕生日は、1980年10月7日。高校まで日本で過ごした日本人選手が、初めてMLBドラフトで指名された選手として知られています。

    小学6年から野球を始め、高校卒業後にアメリカのインディアンヒルズ短大に留学して野球を続けた後、アリゾナウエスタン短大に編入するとリーグ戦で打率.420を記録。全アリゾナ代表にも選ばれるほどの実力を発揮しました。

    メジャーへの昇格こそ叶わなかったものの、城島健司の家庭教師として2005年11月にシアトル・マリナーズと契約しただけでなく、城島との個人契約を結ぶことでパートナーアシスタントとしても活動しました。

    10月7日生まれの漫画家、美水かがみ


    「らき☆すた」で知られる漫画家の美水かがみさんの誕生日は1977年10月7日。中学時代から絵を描くのが好きだった彼は、高校時代にアニメーション研究部に入部し、本格的に漫画やイラストを描き始めました。

    高校卒業後は専門学校を経てゲーム会社に入社し、グラフィッカー、原画家として活躍します。その一方で同人活動をしていた際、後に「コンプティーク」の編集長となる加藤剛氏と出会い、漫画やイラストの依頼を受けるようになり、「らき☆すた」が生まれました。

    また、さいたま市に転居した後、空き家となった旧居を無償貸与し、ギャラリー兼交流施設「きまぐれスタジオ 美水かがみギャラリー幸手」が開館したエピソードもあるそうです。

    あの大物政治家も10月7日が誕生日!


    第4代ロシア連邦大統領、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン氏の誕生日は1952年10月7日。こんな大物政治家と同じ誕生日と知って、驚いた方もいるのではないでしょうか。

    プーチン大統領は2012年より大統領の任に就いており、その他にも政府議長(首相)や統一ロシア党首、ベラルーシ・ロシア連合国家の閣僚会議議長を務めるなど、政府・政党の要職を歴任している他、サンクトペテルブルクの副市長も務めました。

    今でこそ栄光を掴んだプーチン大統領ですが、その家庭環境はあまり裕福ではなかったそうです。勤勉な人物であり、記憶力は抜群で頭の回転も良かったのだとか。そうした才能が、今の彼に繋がっているのでしょう。

    10月7日を誕生日とするその他の有名人


    ご紹介した人以外にも、10月7日を誕生日とする有名人は多くいます。全員とはいきませんが、その一部をご紹介しましょう。

    俳優の加藤和樹さんやお笑い芸人の坂田利夫さん、モーニング娘。の野中美希さんや、アナウンサーの川端義明さん、力士の力真樹さんなど。さらに、1748年にはスウェーデンの王族であるカール13世が生まれました。

    さまざまな分野の著名人が生まれた10月7日。自分や知人の趣味や特技と照らし合わせて、どのような有名人がいるか探してみるのも楽しいのではないでしょうか。

    出典:ウィキペディア『10月7日』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/10%E6%9C%887%E6%97%A5