【10月7日生まれ】誕生花や星座は?性格や恋愛傾向についても解説

  • 10月7日生まれの恋愛傾向とは?

    誕生日が10月7日の人たちの性格や特徴をご紹介しました。執着心が強く、頑固な一面はあるものの、他者に寛容で集中力とユーモアを持つ10月7日生まれ。穏やかな気質である彼らの傍にいる時間は、心地よいものとなるでしょう。

    続いては、そんな10月7日生まれの恋愛傾向について迫ります。10月7日生まれはどんな恋愛を好み、どんな人に惹かれるのでしょうか。特に、気になっている相手の誕生日が10月7日である人は、よく目を通してアプローチの参考にすると良いでしょう。

    恋愛に奥手で積極的になれない


    誕生日が10月7日の人は、コミュニケーションが嫌いでこそないものの、積極的に誰かと接するタイプではありません。恋愛になればそれはより顕著に表れ、気になる人に対してこそ声をかけられない、ということも起こり得るでしょう。

    相手の自由を尊重する10月7日生まれであるからこそ、自分の言動で相手を束縛してしまわないか、特に相手をよく知らないうちはそういった遠慮がちな面が出てしまいます。周囲の知人がそっと背中を押してあげると良いでしょう。

    ナイーブで傷つきやすい


    素直で純粋な10月7日生まれですが、だからこそナイーブで傷付きやすい繊細な一面を持っています。さらに、過去のことを引きずりやすい性格もあるため、一度恋に失敗するとなかなか立ち直れなくなってしまうこともあるでしょう。

    それが自分自身の落ち度によるものではなかったとしても、つい自分を責めてしまうのが10月7日生まれ。失恋の傷を克服するには時間がかかりますが、一つ一つの恋愛を大切にする人物であるとも言えるでしょう。

    また、傷付きやすいため、相手がイライラしてしまうこともあるかもしれません。ですが、決して理不尽な理由ではないため、事情を理解し共感してあげられる相手であればうまく切り抜けられるでしょう。

    好きな人には寛大だが、束縛は嫌う10月7日生まれ


    自分には厳しく、他者には寛大な10月7日生まれ。好きになった相手に対しても寛容になる彼らですが、同時に自分自身に対する束縛も嫌います。一度始めたら熱中しがちな10月7日生まれは、そうした作業を妨げるような相手とは決してうまくいきません。

    人間関係についても同様で、浮気など明らかに不誠実な行為は許しませんが、かといってその交友関係を極端に狭めるようなことは、相手にも自分にも望みません。自分が大事にする相手を大事にするように、相手にもそうさせようとするのが10月7日生まれです。

    ですので、嫉妬深い人が10月7日生まれを好きになってしまった場合は、束縛しないよう注意が必要となるでしょう。

    誕生日が10月7日の人物は、頭の良い人に惹かれる


    優れた観察眼を持ち、相手をよく見定めようとする10月7日生まれ。そんな彼らは、その豊富な知的好奇心を分かち合える、好奇心旺盛で頭の良い人物に惹かれる傾向があります。

    多くのものを見て、聞いて、楽しんで、その感想を分かち合う。必ずしも一緒に楽しむ必要はなく、それぞれの興味関心を大切にし、新たな価値観に触れることが10月7日生まれにとっての喜びでもあります。

    気になる相手の誕生日が10月7日であるならば、自分の興味を多方面に向け、柔軟な思考を得ることを目標にすると良いでしょう。
  • 10月7日生まれは天秤座!相性がいいのは?

    10月7日生まれの性格や恋愛傾向について解説しました。誕生日が10月7日の人は、集中すると周囲が見えなくなることもありますが、素直でナイーブな一面も持っています。恋愛には少々奥手ですが、そんなところも彼らの魅力と言えるでしょう。

    続いては、星座占いからわかる、10月7日生まれと相性が良い人物をご紹介します。誕生日によって定められている星座ですが、10月7日生まれは天秤座。調和を大事にする平和主義者である天秤座と相性の良い星座について解説します。

    恋人として相性の良い星座もあれば、友人として相性の良い星座もあるでしょう。10月7日生まれの人も、気になる人の誕生日が10月7日の人も、要チェックです。

    水瓶座


    天秤座と恋愛観が近い水瓶座は、友人にぴったりの相手と言えるでしょう。恋に対する距離感も似ているので、恋愛相手にも向いています。お互いの接し方で相手を苛立たせることなく、心地よい時間を作ることができるでしょう。

    天秤座も水瓶座も、どちらも一生懸命相手を大切にします。周囲に対しても気配りができる水瓶座は、天秤座だけでなくその家族や友人も大切にし、頼れる存在となるはず。時間をかけ、お互い言葉でも態度でも愛情を示すことができるパートナーとなるでしょう。

    射手座


    恋愛に対して奥手になりがちな天秤座に対し、対極とも言える行動力の持ち主が射手座。そんな射手座と恋人になると、好奇心旺盛な射手座に振り回されてしまうこともあるかもしれません。

    ですが、ポジティブで明るい射手座は、ナイーブで落ち込みやすい天秤座を悩みから掬いあげる力を持っています。いつの間にか悩みを忘れて一緒に笑っていた、なんてことも。天秤座もまた、パワフルな射手座にとって良きサポーターとなるでしょう。

    やや飽きっぽいところもある射手座ですが、好意を持った相手には情熱的に接します。お互いが好みのタイプであれば、笑いの絶えない素敵な家庭を築けるでしょう。結婚相手としてもっともオススメな星座と言えます。

    10月7日生まれが一緒に仕事するなら山羊座


    真面目で責任感が強い山羊座。周囲にしっかり目を光らせてくれるため、つい一つのことに熱中しがちな天秤座をうまくコントロールしてくれる相手となるでしょう。そのため、仕事におけるパートナーとして最も相性の良い人物となります。

    ただし、山羊座は支配欲があるため、束縛を嫌う天秤座とはあまり相性が良くありません。友人や恋人といったプライベートの相手というよりは、あくまで仕事上の付き合いにしておく方が波風を立てずに済むでしょう。

    10月7日生まれを支えてくれる双子座


    明るく話好きな双子座は、行動力も高い一方で頭の回転も速いため、天秤座にとっては一緒に居て過ごしやすい相手となるでしょう。コミュニケーション能力が高い双子座は、気になる相手には奥手になりやすい天秤座ともすぐ打ち解けるでしょう。

    頭の切り替えが早く過去の失敗を引きずらないため、失敗を落ち込む天秤座を上手く引き上げることができます。また、双子座の人は実は傷付きやすいデリケートな面も持っているので、天秤座が傷付くことのないよう配慮してくれるでしょう。