要領がいい人の特徴って?要領がいい人になる方法も合わせて紹介します

世の中には、要領がいい人もいれば悪い人もいますよね。要領が悪い人は「要領がいい人になりたい」と感じることも多いでしょう。今回は、そんな要領がいい人の特徴を徹底解剖!さらに、要領がいい人になる方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  • そもそも「要領がいい」ってどんな意味?

    「要領がいい人」という言葉は一般的に褒め言葉として用いられるものの、中にはあまり良い印象を受けない人もいるのではないでしょうか。

    そこで、なぜこうした印象の違いが起こるのかを知るために、まずは言葉の意味からご紹介します。

    「要領がいい」の意味


    「要領がいい」とは、「うまい具合に物事を処理する様子」のことを意味します。どんなことも巧みに立ち回って、物事をうまくさばいていく人に対して用いる言い方です。

    一方で、こうした巧みさが転じて「自分だけうまく立ち回って大変なことを避ける」とか、「自分だけが利益を多く出すこと」といった意味で使われる場合もあります。

    「要領がいい」という言い方に良い印象と悪い印象を持つ人がいるのは、どちらの意味で受け止めるかによるからでしょう。

    「要領がいい」の類語


    「要領がいい」を「物事を巧みに処理する」という意味で用いる場合の類語には、「立ち回りがうまい」や「目端が利く」、「才知が働く」などがあります。どれも、頭がよく、物事を見極める能力に優れていると感じさせる表現ですね。

    一方の、「自分にとって有利な状況にするのが上手」という意味で用いる時の類語は、「ちゃっかりした」や「世渡り上手」などが挙げられます。

    「世渡り上手」は褒め言葉として用いられる一方で、「要領よく生きる人のこと」という印象を持つ人も多いのではないでしょうか。