ドキドキするキスがしたい!皆の体験談や男女向けのテクニックを紹介

  • ドキドキするキスをする前に気を付けること

    まるでドラマのようなキスになりそうだったのに、たったひとつのミスで相手に不満を残してしまったり、運悪く嫌われてしまうこともあります。

    ドキドキするキスに大切なことは、相手を思う気持ちと入念な配慮です。失敗しないためにも、キスをする前に気を付けるべきことを頭に入れておきましょう。

    口臭ケアは入念に


    キスをするにあたって「口が臭い」ことだけは絶対に避けなければなりません。デートの前日から匂いの強い食事を避けるのはもちろん、入念なデンタルケアを行っておくこと。キスのためのエチケットを守ることは、自分のためではなく相手へのマナーです。

    キスの予定はないと思っていたからつい餃子を食べてしまった…そんな時は、エチケットガムを噛んだりキャンディを舐めたりするなどの配慮がピンチを救います。

    ガサガサな唇はNG


    気持ちいいキスに必要なのは、素敵なシチュエーションとプルプルに潤った唇です。ガサガサな唇は相手に不快感を与え、「ケアを怠るタイプの人」という悪い印象まで与えてしまいます。男性も大切な人ができたら、リップクリームを携帯してケアを行ってみましょう。

    栄養バランスが悪いこともガサガサ唇の原因となってしまうので、キスのためにも自分のためにも食生活を見直してみてください。

    人前ではしない


    「人前でするキスの方がドキドキするはず」と勘違いしている人もいますが、これもNGです。人前でキスを見られてしまった経験は、とてつもなく恥ずかしい嫌な思い出になってしまいます。それがきっかけで嫌われてしまう可能性もあるので要注意。

    キスは、一瞬の隙を狙ってこっそりする方がドキドキするものです。みんなが違う方を見ている隙にチュッ!としたり、2人きりの空間でキスをした方がされる側もドキドキしますよ。

    急な舌入れはしない


    フレンチキスからディープキスへ移行するまでは、ある程度場数を踏まないといけません。いきなりの舌入れは、相手を戸惑わせるだけなのでやめましょう。軽いフレンチキスだとしても、相手をドキドキさせることは十分できることを覚えておいてください。

    初めての相手に舌入れキスをする時は、それなりの展開が期待できる時だけにしましょう。大人のカップルだとしても、最初から舌入れすると「遊びなのかもしれない」と誤解を与えてしまいます。

    ムード作りに専念をする


    ドキドキするキスを演出したいならば、相手がキュン!とするようなムード作りをしましょう。いくらキスのテクニックがあったとしても、「え?ここでキスするの…?」と思う場所では気持ちが盛り下がってしまいます。

    ロマンチックな雰囲気作りのためには、五感を刺激する景色やグッズを用意してみましょう。夜景が綺麗な場所や波の音が聞こえる海もおすすめですが、部屋にいい香りがするアロマキャンドルを並べるだけでも盛り上がります。

    キスに変化をつける


    恋人とはいつまでもドキドキできる仲で居続けたいですよね。長続きしているカップルは、キスにマンネリを感じることがありません。キスに変化を付けることで、2人の関係はいつまでも続くものです。

    気持ちいいキスは1つだけではありません。その時の2人にぴったりなキスがあるので、付き合いが長くなっても、相手をドキドキさせることは必ずできるはずです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)