イライラさせる人にはどうすればいい?特徴と対処法を徹底解説!

  • イライラさせる人への対処法

    イライラさせる人とは関わりたくないと思う人も多いようですが、身近な存在の場合、全く関わらない訳にもいかないですよね。会社の同僚や友達、時には家族の中にイライラさせる人がいる場合もあるでしょう。顔を合わせる回数が多いほど、ストレスも溜まってしまうので上手に対処することが大切です。

    では、イライラさせる人にはどのような対処をすれば良いのでしょうか?いくつかの方法を紹介していきます。

    そういう人だから仕方がないと割り切る


    イライラさせる人は無意識に他人をイライラさせてしまっているので、基本的に悪気がないことがほとんどです。周囲から指摘されたとしても、そもそも悪気がないのでなぜ相手がそこまで怒っているのかが理解できないでしょう。

    特にため息や貧乏ゆすりなどの癖の場合は、長年その癖と共に生きてきた訳ですから、そう簡単に直るものではありません。無理に直してもらおうとするよりも、潔く諦めて「そういう人」と割り切った付き合いをする方が、お互いにストレスが溜まらないでしょう。

    相手には何も期待しない


    他人に対してイライラしてしまうのは、相手に期待をしているからです。相手とわかり合えることを期待しているからこそ、予想外の言動をされた時に裏切られた気分になり、イライラしてしまいます。

    イライラしないためには、まず相手に期待することはやめて自分自身に目を向けるようにしましょう。自分自身に目を向けるようになれば、相手に対して興味が無くなるので自然とイライラしなくなります。

    今まで気になっていたちょっとした言動なども、そもそも興味が無くなるので何とも思わなくなるでしょう。少し冷たいようですが、イライラを回避するにはとても有効な方法です。

    物理的に距離を置く


    度を越えると顔を見るだけでもイライラするようになり、生理的に受け付けなくなる場合もありますよね。そうなってしまうと、同じ空間にいるだけでもイライラしてしまいます。

    かと言って、同じ会社などの場合、顔を合わせずに過ごし続けるのは難しいですよね。この場合は、全く違う部署に異動させてもらうか、転職するなど物理的に顔を合わさないようにするのが良いでしょう。

    物理的に距離を置くのは勇気がいる行動ですが、毎日イライラを我慢しながら過ごし続けているとストレスが溜まりすぎて、仕事や体調にも影響が出てきます。早めに見切りをつけて心機一転新しい場所で頑張ってみるのも良い方法です。

    逆に仲良くしてみる


    人間は誰でも性格の相性がありますよね。自分が「なんかこの人合わないなぁ」と思っている場合、相手も同じように感じていることが多いものです。そのため、自分がイライラしている人は、相手も同じようにあなたにイライラしている可能性が高いでしょう。

    お互い気付かないうちに嫌悪感が態度に出てしまっているので、反りが合わなくなっている場合もあります。イライラさせる人とは関わらないように避ける人も多いですが、一度思い切って好意的な態度で接してみましょう。

    コミュニケーションをたくさんとってみたら、意外と共感できる部分があったり、今までイライラしていた癖も気にならなくなることもあります。自分が相手に対して好意的に接するようになれば、案外相手も思いやりを持って接してくれるはずですよ。