臆病な人に共通する特徴や心理とは?臆病な性格の克服法をご紹介!

臆病な性格だと、自分の意見を主張できなくなると言われています。「臆病な性格をどうにかしたい」と思っている方はたくさんいるのではないでしょうか。本記事では、臆病な人の特徴や克服方法を紹介します。臆病な性格を克服したい方は、参考にしてみてください。

  • 臆病ってどんな意味がある?

    普段の生活の中で「自分は臆病だなあ」と思うことはありませんか?そもそも、臆病とはどのような意味なのでしょうか。まずは、臆病の意味・類語について紹介します。臆病という言葉について、理解を深めていきましょう。

    「臆病」の意味


    臆病とは、小さなことでも必要以上に恐れてしまうことを意味しています。周りの人から見れば些細なことだったとしても、本人にとっては大事になってしまうので、なかなか一歩を踏み出すことができません。

    また、周りの様子を見ながらおどおどしている人のことも臆病を呼びます。常に人の言動を気にし、それに合わせて自分の態度を決める傾向にあるのが臆病な人と言えるでしょう。

    「臆病」の類語


    臆病の類語として挙げられるのは、「意気地なし」「小心者」「腰抜け」といった言葉です。「意気地なし」の「意気地」とは、「人に負けない強い気持ち」「自分の意見を押し通す気持ち」を指します。

    そんな「意気地」が「なし」ということは自分の意見を言えず、他人の意見に負けてしまうことを意味していると考えられるでしょう。また、「小心者」は「気が小さい人」ということを意味する言葉です。小さなことでも恐れたり、驚いたりしてしまう人のことを示します。

    「腰抜け」は、「腰が抜けて立てない」=「情けない様子」を示している言葉です。挑戦すべき場面でも勇気が出せず、現状から抜け出せない様子を指しているとも言えるでしょう。

    出典:goo辞書『臆病(おくびょう) の意味』
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%87%86%E7%97%85/#jn-30452

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)