人前で泣かない方法!怒られても涙は我慢できる?涙もろい人の特徴も

「涙は女性の武器」などと言われますが、職場で泣くのは避けたいと考える女性は多いでしょう。とはいえ、涙もろいと涙腺が緩んでつい涙がホロホロ…ということも。そこで今回は、怒られても涙を我慢する方法を徹底分析!泣いてしまった後の対処法も併せてご紹介します。

  • すぐ涙がホロリ…泣かない方法が知りたい!

    涙もろいせいで「すぐに涙が出てしまって困る…」と感じている人は多いのではないでしょうか。特に女性だと、「泣いたら許されると思ってるんだから」などと言われることもありますよね。

    そんなすぐ涙がホロリとするのを何とかしたい人のために、人前で泣かない方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね。

    そもそも涙が出るメカニズムとは?


    涙には3つの種類があり、1つ目は基礎分泌の涙です。これは角膜や結膜を乾燥から守るために流す涙で、人はもちろん、目を持つ生き物にはすべて備わっているメカニズムです。

    2つ目が異物からの保護で、防御反射の涙と呼ばれます。目にゴミが入った時に洗い流そうと分泌される涙のことで、玉ねぎを切っている時に流れるのもこの涙です。

    3つ目は情動の涙と呼ばれる涙で、喜怒哀楽によって流れる涙です。いわゆる涙もろい人の涙に該当します。

    情動の涙は自分の中に湧き上がった感情が引き金になる場合もあれば、他者に共感することで流れることもある涙。目を持つ生き物の中では、人だけが流す涙という点が特徴です。

    嬉しくても涙が出るのはなぜ?


    涙は悲しいときだけでなく、嬉しい時にも出ます。いわゆる嬉し涙ですね。

    心理学においては、嬉しい時に涙を流すのは珍しい現象ではないとされています。というのも、感情を制御する能力に長けている人ほど、嬉し涙をたびたび流すことがわかったからです。

    そのため、普段は自分の感情を上手に制御して泣かない人ほど、心の底から嬉しいことがあった時、湧き上がる感情が涙となって流れると考えていいでしょう。

    例えば、必死に努力を重ねた結果が実った時に、嬉し涙を流すことはよくあります。これまで泣かないでいた分、ほとばしる感情も大きくなって涙になるとなれば、素直に納得できますね。