【女性必見】LINEでのデートの誘い方!誘われたときの男性心理も

  • LINEを使った女性からのデートの誘い方

    LINEを使ってデートに誘うなら、LINEにしかできない誘い方テクを使いましょう。1回目のデート、2回目以降のデートはそれぞれ誘い方が違うのです。

    女性ならではのLINEテクを使って、男性に「会いたい」と思わせるデートの誘い方を伝授していきます。

    「飲みに行こう!」軽めの誘い方


    相手がお酒好きの男性なら、女性からの「飲みに行かない?」というLINEやメールは心を動かされるものです。2人きりで会うのが初めてなら、すんなりOKしたくなる誘い方を使いましょう。

    「○○に新しいクラフトビール専門店ができるんだって。○○くんビール好きって言ってたから、今度一緒にどうかな?と思って誘ってみたよ!」

    このような感じで相手のツボを突くお店を選び、自然とOKを出したくなるLINEで誘導するのがポイントです。そのためにも、彼の好みに合うお店のリサーチは目ざとく行いましょう。

    いい感じ?2〜3回目のデートの誘い方


    1回目のデートを楽しく終えたなら、時間を空けずに2回目、3回目のデートを重ねていくことが2人の距離を縮めるためには大切です。雰囲気がいい感じなら、2回目以降も女性からデートに誘っていきましょう。そこでLINEをするならこんな誘い方がぴったり。

    「次は2人でゆっくり話ができるといいな」という1回目の軽いノリとは違う、男性として意識していることをLINEで匂わせていきます。相手の男性に「脈あり」を確信させ、お互いのことを話しやすい個室や、静かな場所を選ぶようにしましょう。

    いざ!告白を決意したときの誘い方


    1回目と2回目のデートがいい雰囲気で終わったなら、次は告白するのに相応しいタイミングです。3回目以降のデートで何も起こらないと、遊びの関係がズルズル続いてしまう可能性も…。ここできちんと告白をして想いを伝えましょう。

    とは言っても重苦しい誘い方をする必要はなく、「次の夜食事に行かない?」といつものように誘い出します。タイミングを見ながら「好き」という気持ちを打ち明けましょう。

    わざわざデートらしいスポットを選んでしまうとより緊張をしてしまう上、相手にも負担をかけます。帰り道にひと目のつかない公園へ立ち寄れるエリアを選んでおけば、告白するチャンスを掴みやすいです。

    デート直前に送る男性が喜ぶLINE


    男性が好きになるのは、自分と会うことを心から喜んでくれる女性です。デートの直前には必ず「明日会えるの楽しみにしているね!」というLINEを送って、相手の心を掴んでしまいましょう。

    素直に喜んでいる気持ちをさり気なく伝えることで、自然と相手の気持ちを自分に向けることができます。デート当日の雰囲気もグッと良くなり、お互いドキドキした気持ちを隠せなくなるはずです。

    次につなげるデート直後のLINE


    男性に「また会いたい」と思わせるための、デート直後のお礼のLINEも忘れてはなりません。「今日はすごく楽しかった!次は○○に行こうね!」と、楽しかったことへの感謝の気持ちと次回への期待感をさり気なく伝えましょう。

    デート中に相手が行きたいところを探り、「次はそこに行こう」と約束をして次のデートへとつないでいくことで約束しやすくなります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)