もしかしてヤキモチ?彼氏が嫉妬したときの行動・心理・対処法を紹介

彼氏にヤキモチを焼かれることはないですか?素直に「焼いた」と言ってくる彼氏であれば良いですが、男性には男としてのプライドがあるもの。なかなか素直には伝えてくれません。男性は、そもそもなぜヤキモチを焼くのでしょうか。嫉妬した彼氏の行動・心理・対処法をご紹介します。

  • 彼氏がヤキモチを焼くのはこんなとき!

    彼氏が彼女に対しヤキモチを焼くのは、一体どんな時なのでしょうか。

    まずは、彼氏がヤキモチを焼く瞬間から見ていきましょう。

    彼女が自分以外の男性と仲良くしたとき


    彼氏が彼女にヤキモチを焼く場面で最も多いのは、自分以外の男性と仲良くした時でしょう。「自分のもの」を取られそうに感じて、不安と共にヤキモチを焼きます。

    偶然彼女が他の男性と笑顔で話しているところを見た時。あるいは、連絡を取り合っていることを知った時などは、ヤキモチを焼いて怒ることもあるでしょう。また中には、SNS上で他の男性と仲良くやりとりし合っている様子を見てヤキモチを焼く男性もいます。

    特に彼女が楽しそうにしている場合は気に入らないもの。彼氏の目がある場では、必要以上に仲良くしない方が良さそうです。

    彼女が自分以外の男性を褒めたとき


    「今の人かっこいい!」「○○君ってすごいんだよ」など、彼女が自分以外の男性を褒めた時も彼氏はヤキモチを焼くでしょう。そこに好きな感情がなくても、憧れや尊敬の思いが込められていると感じ、好意的な意味があると思ってしまうのです。

    または、彼女が自分の目の前で他の男性を褒めたことにより、「その男性より自分は劣っている」と感じてヤキモチを焼くケースもあります。これは、自分に自信がなくなり、彼女が自分以外の男性に惚れてしまうと懸念してのことでしょう。

    彼女が自分以外の人を優先したとき


    彼氏がヤキモチを焼く時には、「自分以外の人を優先したとき」もあるでしょう。

    それは、相手が女性であっても起こり得ます。例えば「今から会える?」と彼氏があなたに連絡して、あなたから「友達と会う予定なの」と言われた時です。蔑ろにされた気分になったり、自分以上に友達が大切だと思っているように感じてヤキモチを焼くでしょう。

    彼氏がヤキモチを焼く相手は、男性に限ったことではありません。こうした優先順位により、「1番に思われていない」と感じて焼くこともあるのです。

    彼女が過去の男の話をしたとき


    「元彼はこういう人だった」「前好きだった人に…」といったように、彼女が過去の男の話をした時も彼氏はヤキモチを焼くでしょう。自分の知らない彼女を知っている男性に対しての嫉妬、あるいは彼女が過去の男性を思い浮かべたことに対し嫉妬している状態です。

    もちろん、過去の男と彼氏を比べた時は強いヤキモチを焼くでしょう。ですから、過去の男性との思い出を語るにしても、楽しい思い出や彼氏以上の魅力を伝えないよう注意しなければなりません。

    例え過去であっても好きな彼女に関わった男性ですから、自分以外の男性と仲良くした時と同様のヤキモチを焼くでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)