彼女からの手紙は嬉しい?男のホンネや感動させるコツをご紹介!

  • 彼女から手紙をもらって嬉しいタイミングは?

    彼女からもらって嬉しい手紙の内容、書き方を紹介してきましたが、いつ渡すのかも重要なポイントですよね。次は、彼女からもらう手紙はどのタイミングが嬉しいと感じるのか、紹介していきます。

    何でもない時


    特別な日ではない時にもらう彼女からの手紙も、サプライズ感があり嬉しいと感じる男性がたくさんいます。内容も特別な事を書く必要はなく、普段の感謝の気持ちなどを伝えてみるのもいいでしょう。

    何でもない日に手紙を渡すのは少し照れますが、だからこそ彼女からもらう特別じゃない日の手紙はドキッとさせられるはずです。

    関係性がマンネリ化してきた時など、手紙を書く事で初心に戻れます。普段は言えない彼氏への気持ちを、何でもない日に手紙に書いて伝えてみてはいかがですか?

    彼氏の誕生日


    誕生日にもらう彼女からの手紙も、泣いてしまうほど嬉しい手紙の1つです。感謝の気持ちを伝えたり、来年の誕生日も一緒にお祝いしたいなどと書くと喜んでもらえます。

    付き合いたての場合、手紙を渡したくても重いと思われそうでなかなか渡せないと感じる人もたくさんいるでしょう。ですが、誕生日に渡す手紙なら重いどころか嬉しいと感じる男性が多いので安心して下さい。

    手作りのメッセージカードなどを作って誕生日をお祝いするのも、嬉しいと感じてもらえ誕生日プレゼントの1つ。いつもはなかなか素直になれなくても、誕生日だからこそ自分の素直な気持ちを手紙に書いてみましょう。

    落ち込んでいる時


    彼氏が落ち込んでいると励ましたいと感じる女性はたくさんいますが、男性側からすると1人になりたい時があったり、そっとしてほしいと感じるものです。そんな時に彼女からそっと手紙を渡されると嬉しいと感じ、彼女の大切さに改めて気づいたという男性もたくさんいます。

    落ち込んでいる時に元気付けたいと考え、自分にできる事は全てしてあげたいという気持ちもあるでしょう。ですが、そういう時は何もせず手紙を渡すのがベスト!手紙だけで十分あなたの気持ちは伝わり、さらに嬉しいと感じてもらえますよ。

    他に色々してあげるより手紙を渡すだけで、空気の読める彼女だと感じてもらえさらに好きになってもらえるはず。

    ケンカをした後


    ケンカをした後はなかなか自分から謝る事ができない人も多いのではないでしょうか?そんな時は手紙で謝罪をすると、気持ちも伝わりすぐに仲直りできるはずです。男性も彼女からの謝罪の手紙は嬉しいと感じ、男性側からも謝罪しようと思うきっかけにもなります。

    面と向かってだとなかなか自分の悪かった部分を認める事ができませんが、手紙なら素直に謝罪の言葉を伝える事ができるはず。手紙で伝えた後なら、直接でも強がらずに謝る事もできるでしょう。

    ケンカ後の手紙の場合、彼氏への謝罪を求めたり論点がずれている内容はNGです。さらにケンカが悪化する可能性もあるので内容には注意しましょう。
  • 「彼女からの手紙が重い」と思われないコツ

    彼女からの手紙を嬉しいと感じる男性は多いとお伝えしてきましたが、重いと感じる男性が少なくないのも事実。手紙を喜んでもらうために、重いと思われないコツを理解しておきましょう。

    長文は避ける


    長々と書かれた手紙は読む気が失せるうえに、重いと思われる手紙ナンバーワンと言っても過言ではありません。一生懸命書いたのに全く内容が彼氏に伝わっていないと、悲しいですよね。しっかりと気持ちを伝えるためにも、手紙はほどよい長さで簡潔に書きましょう。

    長文の手紙をもらった男性のほとんどが、彼女の気持ちを重いと感じ別れを意識する傾向があります。長文だと要点がまとまらず、結局何が言いたいのかわからない手紙になってしまう可能性も。

    長文の手紙を渡すより、メッセージカードに短文で書いた物の方が男性の心に響くというのを理解しておきましょう。

    日記やポエムにならないように


    彼女からの日記やポエム調の手紙も、もらって嬉しいと感じないどころか重いと思われてしまう手紙。今日はこんな事をしました、なんて手紙で教えてもらっても手紙の意図が理解できないと感じる男性がたくさんいます。

    また、日記調の手紙は反応に困るため、たとえ大好きな彼女からの手紙であったとしても迷惑と感じてしまうようです。ポエム調の手紙も、痛い彼女だと思われ別れのきっかけになったケースも少なくありません。

    大好きな彼氏に何をしたのか話したい気持ちや、好きな気持ちをポエムにして伝えたくなる気持ちもあるでしょう。ですが、相手に引かれないためにも日記やポエム調の手紙を書くのは避けることが大切です。

    ネガティブな内容は書かない


    読んでいて気分が落ちてしまうようなネガティブな内容の手紙も、重いと思われる手紙の1つです。彼氏に嬉しいと思ってもらうつもりで書き始めた手紙なのに、ネガティブな内容になってしまっては、相手も喜ぶ事はできません。

    いつか別れる可能性を考えると不安、相手がいないと死んでしまうかもなどの内容はどれだけ彼氏が好きかを伝えたいのでしょう。ですが、愛情が伝わるどころかただただ重くてめんどくさい彼女と思われてしまうだけです。

    ずっと大切に置いておきたい、また読み返したいと思ってもらえる手紙は必ずと言っていいほどポジティブな内容。もらって嬉しいと感じてもらうには、ネガティブな内容は絶対に避けておきましょう。

    頻繁に渡さない


    手紙はたまにもらうから嬉しいのであって、頻繁にもらっては嬉しさも半減してしまうだけではなく、重いと思われてしまうかもしれません。何度も手紙をもらうと特別感もなくなってきてしまい、いらないとさえ感じさせてしまいます。

    中には彼女から手紙をもらう事が苦痛となってしまい、いかに手紙を拒否するかを考える男性がいるほどです。また、頻繁に手紙を書いていると内容も似たようなものになってきてしまいます。同じような内容の手紙を何通ももらっても嬉しいと思う人はほとんどいないでしょう。

    1度手紙を渡して喜んでくれたからといって、頻繁に渡していい訳ではありません。重いと思われないためにも、手紙の回数は少なくしましょう。