彼女からの手紙は嬉しい?男のホンネや感動させるコツをご紹介!

  • 彼氏に嬉しいと思ってもらえる手紙の内容

    手紙を書くと言っても、どんな内容でも書いていいというわけではありません。では一体どのような内容なら喜んでもらえるのか、気になりますよね。彼氏に嬉しいと感じてもらえる手紙の内容を紹介していきます。

    感謝を伝える内容


    感謝の気持ちを伝える手紙は、彼氏に嬉しいと感じてもらえる内容です。今まで自分が彼女にしてきた事は間違っていなかった、もっと頑張ろうと彼氏が思うはず。普段は言えない感謝の気持ちを記念日など、特別な日に手紙で伝えてみるとさらに喜んでもらえるかもしれません!

    また、面と向かって伝える事が恥ずかしいと感じる人も、手紙なら素直に感謝を伝えられますよね。いつも感謝していると伝える事は付き合っていく上で大切な事です。

    仕事で疲れていても会いに来てくれたり、悲しい時にそばにいて支えてもらったりしていても、なかなか感謝の気持ちを伝える事が出来ていない人は手紙で伝えてみましょう。

    楽しかった思い出


    2人の楽しかった思い出を書いた手紙も彼氏に嬉しいと感じてもらえる内容です。特別な事がない日に思い出の話を手紙で書くと、別れの前兆だと感じる男性もいますが、記念日など特別な日だと2人の思い出を振り返る事ができ、嬉しいと感じるはず。

    長年付き合っている恋人の場合、手紙に楽しかった思い出を書く事で初心に戻りマンネリ化を避ける事もできます。また、読んでいて嫌な気分にならない内容のため、重いと感じる男性も少ないです。

    少し2人の仲が離れてきていると感じる人は、手紙に楽しかった思い出や、「また行こうね」など書いてみると距離が縮まるかも?

    将来について


    将来について書いた内容も、もらって嬉しい彼女からの手紙です。結婚したい、ずっと一緒にいたいなどを手紙で伝えた事がきっかけで、プロポーズされた女性もたくさんいます。ケンカした時なども、2人の将来について書いた手紙は仲直りのきっかけにもなるはず!

    将来についての手紙は、彼氏との未来を真剣に考えているという気持ちが伝わります。彼氏が自分との未来を考えているのか不安な時も、手紙で将来の事を書いて彼氏の反応を見てみるのもいいでしょう。

    ですが、彼氏があなたとの未来を考えていないとわかっている場合、将来についての手紙は重くなってしまうので要注意です。

    励ましの内容


    落ち込んでいる時の彼女からの励ましの手紙も、嬉しい内容の1つ。面と向かって言われると少し情けないと感じてしまう男性もいますが、手紙だと1人で読むことができ、彼女の優しさに泣いてしまう男性がいるほどです。

    励ましの内容の場合、長々と気持ちを書いてしまうより短文の方が最適と言え、たった一言でも彼氏の心をつかむ事ができます。忙しくてなかなか会えなくても、小さい手紙だけで十分癒され、あなたの愛情もしっかり伝わるはずです。

    たくさんの言葉をかけて元気づけたい気持ちもあるかもしれません。ですが、落ち込んでいる時は読む気力がなかったり、励ましの言葉がくどいと受け取られる可能性もあるので気を付けましょう。
  • 彼氏に嬉しいと思ってもらえる手紙の書き方

    嬉しいと感じる手紙の内容をお伝えしましたが、次は手紙の書き方について紹介していきます。

    印字ではなく手書きで書く


    ほとんどの人がスマートフォンを持ち、メールやアプリで連絡の交換ができる時代だからこそ、手書きで書かれた彼女からの手紙は嬉しいものです。印字での手紙は気持ちが伝わりにくいと感じる人も多く、印字だとメールなどでもよかったのではないかと考える人もいます。

    手紙を書きたいけど字が汚い事を気にしている人もいるでしょう。ですが、彼女の字だとわかる手紙の方が読んでいて嬉しい気持ちになり、大事に取っておこうと思える手紙になります。

    印字の場合、どれだけ内容が良くても手書きに比べて嬉しいと感じる男性は少なめという事を理解しておきましょう。

    彼氏の名前を本文に入れる


    普段は「ねぇー」というだけで、面と向かって名前を呼ぶ事が少なくなっていると感じる人も多いのではないでしょうか?たまには名前で呼ばれたいと思う男性が多く、手紙だとしても名前が入っていると嬉しいと感じてくれます。

    また、名前を入れる事で書いている時も彼氏の事を思いながら書くことができ、より一層気持ちを込める事ができるはずです。

    付き合っている期間が長くなればなるほど、名前を呼ぶことが恥ずかしくなり、あだ名で呼ぶ事が増えます。そのため、手紙で下の名前が書かれていると、男性も読んでいてドキッとさせられ、さらに嬉しいと感じてくれるはずです。

    時間をかけて綺麗な字で書く


    いくら印字より手書きがいいと言っても、殴り書きのような字は読む気もなくなり、気持ちが込められた手紙とは思えません。字が汚くても大丈夫とお伝えしましたが、綺麗に書く努力は必要です。

    どれだけいい内容の手紙でも、読めなければ意味がありません。自分の気持ちをしっかり伝えるためにも、時間をかけて綺麗な字で書くことを心がけてください。

    丁寧な字で書かれた手紙は気持ちも伝わり、嬉しいと思える手紙になりますよ。

    可愛い便せんを選ぶ


    ノートをちぎったような紙に書かれた手紙より、可愛い便せんに書かれた手紙の方が女性らしく、男性ももらって嬉しいと思える手紙です。また、可愛い便せんやお洒落な便せんは、ずっと取っておきたいと思える手紙でもあります。

    可愛い便せんは読みやすく、また読んでいてポジティブな気持ちにもさせてくれるはず。ポストカードのようなものに短文だけでも気持ちは十分伝わります。手作りのメッセージカードなども、嬉しいと感じてもらえる手紙の1つです。