【一人っ子の特徴】性格・行動・恋愛傾向をご紹介!周囲からの印象も

  • 一人っ子の恋愛傾向の特徴は?

    一人っ子は、恋愛にも特徴があると言われています。一人っ子と付き合うことになった場合、どのような恋愛の特徴があるのか把握しておくと便利です。恋愛の特徴について学び、一人っ子と良い関係を築いていきましょう。

    盲目的な愛情を注ぐ一人っ子が多い


    親からの愛情をたくさん受けてきた一人っ子は、好きな人に対してもたっぷりの愛情を注ぐのが特徴です。誰かを好きになると、その人に対して盲目的とも言える愛情を感じるようになるでしょう。

    そのため、浮気をすることはほとんどありません。相手に対する裏切り行為をしようと考えることがほとんどないからです。一人っ子の人と付き合えば、浮気の心配をする機会が少ないのではないでしょうか。

    また、一人っ子の人はサプライズが好きです。「恋人に喜んでもらいたい!」という気持ちから、誕生日や記念日には驚くようなサプライズを仕掛けてくることも。相手に対する愛情が強いからこそ、このようなことをしてくれるのでしょう。

    理想は高めなのが特徴


    相手に対して「こうあって欲しい」という理想が高いのも、一人っ子の特徴です。兄弟がいる場合は、「異性ってこんなもの」といったようにお互いに話したり感じたりすることができますが、一人っ子の場合は異性に対する憧れが募っていく傾向にあります。

    このため、一人っ子は恋人に求めるものが多くなりがちです。一人っ子の人が抱く理想に合わせようとして、疲れてしまうこともあるかもしれません。

    また、付き合う相手だけでなく結婚相手に対しても理想が高くなるのが一人っ子の特徴です。理想の高さに驚き、「そんな風にはできない」と思うこともあるでしょう。お互いに良い関係を築くためには、現実を見るようにすることも重要です。

    束縛が激しい


    兄弟がいる場合は、兄弟と物を共有することが多くなるので、支配欲が強くなることは少ないです。一方で、何でも自分のものにできる環境にあった一人っ子は、支配欲が強くなるのが特徴と考えられます。

    「恋人は自分だけのもの」と考え、束縛が激しくなる傾向があるので気をつけましょう。常に恋人の動向を把握していないと落ち着かなくなったり、連絡が途絶えると不安になったりすることがあります。

    あまりにも束縛が激しいと、疲れてしまうこともあるはず。好きだったとしても、束縛の激しさから気持ちが冷めてしまうこともあるので、付き合い方もよく考えてみると良いのではないでしょうか。

    一人っ子は結構願望が強い


    一人で過ごすことが多かった一人っ子は、「早く結婚して豊かな家庭を築きたい」と思うことが多いのが特徴です。そのため、恋人ができると結婚のことをすぐに考えるようになるでしょう。

    相手が特に結婚を意識していなかったとしても、一人っ子の人は心の中で結婚のシミュレーションをしていることがあります。付き合いが深くなれば、結婚のことを持ち出す頻度も高くなるはずです。

    また、結婚後は「子供をたくさん作りたい」と思うのも一人っ子の特徴。自分は一人っ子で寂しい思いをすることがあったからこそ、兄弟の多い賑やかな家庭に憧れるようになります。

    尽くしてもらいたい


    親からの愛情を注がれることが多かった一人っ子の人は、恋人に対しても同じように「尽くしてもらいたい」と思うのが特徴です。「恋人の愛情は全て自分に注がれるべき」と考えていることもあります。

    そのため、相手からの愛情が足りないと感じると不機嫌な様子を見せることも。しかし、そのことを相手に伝えるのが苦手なので、どうして不機嫌になっているのかわからない場合が多いです。

    また、尽くしてもらうだけでなく、自分からも愛情を注ごうとするのが一人っ子の特徴と言えます。一人っ子の人と付き合ったら、同じ分だけ愛情を返すようにすると良い関係を気づけるかもしれません。意識して付き合ってみてはどうでしょうか。

    相手に依存しやすいのが一人っ子の特徴


    一人っ子は基本的に一人でいることが好きですが、恋人ができた場合は話が違ってきます。一人でいるのが寂しくなり、相手に依存しやすくなるのが一人っ子の特徴です。常に相手がそばにいないと、不安になってしまうこともあるでしょう。

    これは、親の愛情を独り占めしてきた一人っ子ならではの考え方です。相手の愛情を感じられないと、急に寂しくなったり心配したりすることが多くなります。あまりにも依存しすぎると、相手の負担になってしまうこともあるはずです。

    恋愛依存が強いと、仕事や趣味に関する興味がなくなります。恋愛に集中するがあまりに、せっかくの機会を逃してしまうこともあるので注意が必要です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)