【一人っ子の特徴】性格・行動・恋愛傾向をご紹介!周囲からの印象も

  • 一人っ子の特徴&性格《前編》

    続いては、一人っ子の特徴について見ていきます。一人っ子には共通した特徴があると言われています。どのような特徴があるのか把握しておけば、一人っ子に対する理解を深められるはずです。

    マイペースな性格


    一人っ子の特徴として挙げられるのが、マイペースな性格です。兄弟がいる家庭と違い、一人っ子は自分のペースで物事を進められます。兄弟がいると周りのペースを見ながら進めていかなければならないことも、一人っ子ならそのような必要がありません。

    そのため、周りから見るとペースが遅かったり早かったりしても一人っ子の人は気にしないことが多いです。「これが自分のペースだから」と思い、誰かのペースに合わせる必要性を感じていないのではないでしょうか。

    マイペースな性格は良い方向に行くこともあれば、悪い方向に行くこともあります。マイペースすぎて周りの調和を乱してしまうようなことがある場合は、注意が必要です。

    愛想が良いのが特徴的


    両親や親戚など、大人に囲まれて育つことが多い一人っ子の場合、周りに対する愛想が良くなるという特徴があります。なぜなら、「どういう態度を取れば大人は喜んでくれるのか」ということを幼い頃から考えているからです。

    そのため、早くから大人として人間関係を構築するノウハウを手に入れやすくなります。兄弟がいる場合は兄弟から人間関係を作る方法を学びますが、一人っ子はそれを身近な大人から学んでいると言えるでしょう。

    人当たりが良く、親しみを感じやすい態度を取れるので、自然と目上の人から好かれる傾向にあります。もちろん、同年代にも良い印象を与えることが多いです。

    我慢は苦手


    兄弟がいると、何かについて我慢しなければならないことが多くなります。自分だけで物事を決めることができず、兄弟のことも考えて行動をするので自然に我慢強い性格になることが多いのが特徴です。一方で、一人っ子は我慢が苦手になる傾向にあります。

    兄弟がいる家庭とは違い、一人っ子は我慢することなく物事を決められるのが特徴と言えるでしょう。欲しいものを我慢せずに両親にねだることができます。このような環境で育って一人っ子の人は、大人になっても我慢ができないことが多いです。

    我慢ができずに先走ってしまったり、感情的になったりすることもあるかもしれません。我慢強さを身に付けることが一人っ子の課題であると考えられます。

    名声に執着がないのが特徴


    自分のペースを大切にする一人っ子の人は、誰かと比べ合うことをしないのが特徴です。自分なりのやり方で目標を達成すれば良いと考えているため、名声に対して執着がないと考えられます。

    兄弟がいる場合は、自分の方が勝った存在になりたいという気持ちが強くなり、名声を追い求めることがあるはず。「社会的な地位を手に入れることが最も大切なこと」と考える傾向にあると言えるでしょう。

    一方で、名声に執着がない一人っ子の人は「自分が満足できれば社会的な地位はいらない」と考えることがあります。本当は成功を収められる素質を持っていても、「頂点を極めなくても良い」と思うこともあるのではないでしょうか。

    一人でいるのが好き


    一人でいることが多くなるのが、一人っ子の生活環境の特徴です。特に両親が共働きの場合は、一人で過ごす時間がさらに長くなります。そのため、自分だけの時間を楽しむノウハウを心得ている場合が多いのが特徴と言えるでしょう。

    一方で、兄弟が多い人は誰かと一緒にいるのが好きになる特徴があります。一人っ子の人とは違い、常に周りに兄弟がいる環境にあったからです。そのため、一人っ子の人が「一人の方が好き」という気持ちが理解できないことがあります。

    また、一人っ子は、周りに人がいると気を遣ってしまうのも一人でいるのが好きな理由です。愛想を良くするのに疲れたときに、誰もいない場所へ行きたがる特徴があります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)