【一人っ子の特徴】性格・行動・恋愛傾向をご紹介!周囲からの印象も

  • 一人っ子のメリットとは?

    まずは、一人っ子のメリットからチェックしていきます。一人っ子には、多くのメリットがあると言われています。兄弟がいないからこそ感じられるメリットについて詳しくみていきましょう。

    両親の愛情がたくさん感じられる


    一人っ子は他に兄弟がいないので、両親の愛を一身に受けることができます。一人だけの子供だからこそ、「この子は大切にしなければならない」という気持ちが両親に芽生えやすいのではないでしょうか。

    「自分が愛されている」という実感を両親からもらえれば、自己肯定感を高められます。そのため、一人っ子の人は「誰かに嫌われているかも」というネガティブな感情を抱きにくいでしょう。両親から愛された記憶から、周りの人も自分を愛してくれると感じられるからです。

    あまりにも両親の愛情が強すぎると煩わしく感じることもあるかもしれません。しかし、両親が子供のことを第一に考えていると思い、愛情を受け止めることも大切です。

    兄弟が多い家庭より金銭的に楽


    兄弟が多いと、どうしてもそれぞれに分配される費用が少なくなります。兄弟が増えても両親の稼ぎを増やせるわけではないので、金銭的に苦しくなる場合もあるでしょう。大学に進学する十分な費用がなく、奨学金を借りなければならない時もあります。

    一方で、一人っ子なら兄弟が多い家庭より金銭的に余裕を作ることが可能です。他の兄弟に分ける費用がないので、子供に対してかけられるお金の額が変わります。両親の収入によっては、公立ではなく私立を選択することもできるはずです。

    このため、充実した教育環境で成長できるのが一人っ子のメリットです。また、教育だけでなく、食事や娯楽に関しても兄弟が多い家庭より贅沢できる傾向があります。

    兄弟喧嘩をすることがない


    兄弟がいると、どうしても喧嘩をすることがあります。年上が年下をいじめたり、おもちゃの取り合いがあったり、いろいろな場面でお互いにいがみ合うことがあるでしょう。喧嘩中だと、兄弟の存在が煩わしく感じることがほとんどです。

    しかし、一人っ子なら兄弟喧嘩をすることはありません。家庭にいるのは自分と両親だけなので、兄弟に関するストレスを感じることなく過ごせます。兄弟との意見の違いで家庭に亀裂が入ることもなくなるはずです。

    兄弟が多い人の場合は、「一人っ子は喧嘩しなくて良いから羨ましいな」と思うこともあるのではないでしょうか。

    全て新しいものを与えられる


    兄弟がいる場合、年下の子供は年上の子供のお下がりをもらうことがあります。新しい洋服やおもちゃが欲しかったとしても、兄や姉のお下がりで我慢してきた人は多いはず。「お下がりじゃなくて、新しいものが欲しい…」と感じる場合がほとんどと考えられます。

    一方で、一人っ子が与えられるのは全て新しいものです。兄弟がいないので、お下がりをもらうことはありません。洋服やおもちゃなど、いつでも新しいものが身の回りにあります。

    買い与えられるものが全て新品というのは、兄弟がいる家庭ではあまりないことです。一人っ子のメリットと考えて、親からもらったものを大切にしてみてはどうでしょうか。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)