「青い鳥症候群」の意味や当てはまる人の特徴|陥る原因や恋愛傾向も

童話の『青い鳥』にちなんで、ある特徴を持っている人を指して「青い鳥症候群」と呼ぶことがあります。いったいどういう人のことを言うのでしょうか。そこで今回は、「青い鳥症候群」の意味や特徴を徹底解説!青い鳥症候群になってしまう原因や、恋愛傾向にも迫ります。

  • 幸せを追及!青い鳥症候群って知ってる?

    子供のころ、『青い鳥』という童話を読んだ経験はないでしょうか。「読んだ気がするけど、よく覚えてない」という人もいれば、「知らない」という人もいるでしょう。

    近頃、この童話を元にした「青い鳥症候群」が取り上げられることが増えています。いったい「青い鳥症候群」とは何なのでしょうか?

    今回は、「青い鳥症候群」のすべてを徹底解説します。

    青い鳥症候群の意味とは?


    「青い鳥症候群」とは、特に根拠もないのに、「今よりもっといい仕事が見つかるはず」「もっと自分にふさわしい人がいて、その人に会えるはず」といった考え方をする人達を指す言葉です。

    こうした考え方には根拠がないだけでなく、現実を直視していないのも特徴です。そのため、「なぜもっといい人がいて、その人と会えると思っているの?」と聞いても「何となく」といったあいまいな答えが返ってきます。

    つまり「青い鳥症候群」とは、「今、目の前にある現実を直視せず、今よりもっとよくなると思い込んで、根拠のない幸せを追い求める人々」と言えるでしょう。

    青い鳥症候群の語源はここから


    「青い鳥症候群」の語源は、ベルギーのモーリス・メーテルリンクが1908年に書いた童話劇『青い鳥』です。

    貧しい木こりの家に生まれたチルチルとミチルは、クリスマス前夜に訪れた魔法使いに「幸せの青い鳥を探してきてほしい」と頼まれます。

    二人は鳥かごを持ってあちこちを探し回りますが、青い鳥は持ち帰ろうとすると死んでしまい、持ち帰ることができません。そして二人は、お母さんがクリスマスを告げる声で目覚めます。

    青い鳥をつかまえられずがっかりしていた二人は、部屋の鳥かごの中に青い羽根を見つけ、本当の幸せは手の届くところにあると気づく、というお話です。

    この理想ばかり追い求める姿を、二人の主人公に重ねていると言えます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)