プライドを捨てる方法とは?高いプライドを捨てれば楽になるかも!?

「あー、自分の高いプライドを捨てたい!」と思ったことはないでしょうか。プライドは、しばしば厄介なこだわりになりがちです。今回は、こだわるのをやめて楽になりたいと考える人のために、プライドを捨てる方法を徹底解剖!余計なプライドを捨てて楽に生きてみませんか?

  • プライドを捨てる!気楽に生きるコツとは

    日常的に「プライドが高い」とか「○○に関してはプライドがある」といった言い方をしますが、そもそもプライドとは何なのでしょうか。

    また、プライドのために生きづらくなる人もいると言われます。ということは、プライドはむしろ捨てた方がいいのかも…と思ってしまいますよね。実際、プライドを捨てることで気楽に生きられるようになった人も少なくないでしょう。

    今回は、人生の足かせになってしまう余計なプライドを捨てて、楽に生きるコツを探ります。

    そもそも「プライド」って何?捨てると楽になるの?


    「プライド」は、日本語では「自尊心」「自負心」といった言葉が当てはまります。

    自尊心は「自分の人格を大切にする心」を指し、自負心は「自分の才能や仕事に自信と誇りを持つ心」を意味します。どちらも自分自身の心のよりどころとなってくれるものです。

    しかし、自分にとって支えとなる自尊心や自負心も、度が過ぎれば「思い上がり」や「うぬぼれ」となります。はたから見て決して良い印象にはならないことから、捨てるべきものと言えるでしょう。

    つまり、「プライド」とは、適切であれば自分自身を支えてくれるものであり、度が過ぎれば人に悪印象を与えるものになります。そう聞くと「余計なプライドを捨てると楽になれる」という話にも納得できますね。

    捨てるべきプライドと守るべきプライドがある!


    プライドには、捨てるべきプライドと守るべきプライドがあります。

    守るべきプライドとは、自分にとって誇りとなるものです。自分自身を抑制したり、ワガママを慎むよう促してくれるため、人間として成長させてくれる役割を持っています。

    一方の捨てるべきプライドとは、自信過剰に由来しているもので、自慢や高慢などが該当します。「そもそもプライドとは何か」という話でも少し触れましたが、いわゆる思い上がりやうぬぼれも、捨てるべきプライドですね。

    捨てるべきプライドが多いと、人の意見を素直に聞き入れられなかったり、自己中心的になりがち。そのため、捨てるべきプライドと守るべきプライドの見極めは、非常に重要と言えます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)