プライドを捨てる方法とは?高いプライドを捨てれば楽になるかも!?

「あー、自分の高いプライドを捨てたい!」と思ったことはないでしょうか。プライドは、しばしば厄介なこだわりになりがちです。今回は、こだわるのをやめて楽になりたいと考える人のために、プライドを捨てる方法を徹底解剖!余計なプライドを捨てて楽に生きてみませんか?

  • プライドを捨てる!気楽に生きるコツとは

    日常的に「プライドが高い」とか「○○に関してはプライドがある」といった言い方をしますが、そもそもプライドとは何なのでしょうか。

    また、プライドのために生きづらくなる人もいると言われます。ということは、プライドはむしろ捨てた方がいいのかも…と思ってしまいますよね。実際、プライドを捨てることで気楽に生きられるようになった人も少なくないでしょう。

    今回は、人生の足かせになってしまう余計なプライドを捨てて、楽に生きるコツを探ります。

    そもそも「プライド」って何?捨てると楽になるの?


    「プライド」は、日本語では「自尊心」「自負心」といった言葉が当てはまります。

    自尊心は「自分の人格を大切にする心」を指し、自負心は「自分の才能や仕事に自信と誇りを持つ心」を意味します。どちらも自分自身の心のよりどころとなってくれるものです。

    しかし、自分にとって支えとなる自尊心や自負心も、度が過ぎれば「思い上がり」や「うぬぼれ」となります。はたから見て決して良い印象にはならないことから、捨てるべきものと言えるでしょう。

    つまり、「プライド」とは、適切であれば自分自身を支えてくれるものであり、度が過ぎれば人に悪印象を与えるものになります。そう聞くと「余計なプライドを捨てると楽になれる」という話にも納得できますね。

    捨てるべきプライドと守るべきプライドがある!


    プライドには、捨てるべきプライドと守るべきプライドがあります。

    守るべきプライドとは、自分にとって誇りとなるものです。自分自身を抑制したり、ワガママを慎むよう促してくれるため、人間として成長させてくれる役割を持っています。

    一方の捨てるべきプライドとは、自信過剰に由来しているもので、自慢や高慢などが該当します。「そもそもプライドとは何か」という話でも少し触れましたが、いわゆる思い上がりやうぬぼれも、捨てるべきプライドですね。

    捨てるべきプライドが多いと、人の意見を素直に聞き入れられなかったり、自己中心的になりがち。そのため、捨てるべきプライドと守るべきプライドの見極めは、非常に重要と言えます。
  • プライドが高い人の特徴とは?

    あなたの周りに「プライドを捨てるなんて考えられない」と思っていそう人はいないでしょうか。プライドが高い人にとって、プライドは自分の心のよりどころとなっていることがしばしばです。したがって、「プライドを捨てるなど論外」と考えているでしょう。

    そんなプライドが高い人の特徴とは、いったいどのようなものなのでしょうか。ここでは、プライドが高い人の特徴をご紹介します。

    自分が絶対正しいと思っている


    プライドが高い人の特徴に、「自分が絶対に正しいと思っている」という点が挙げられます。

    自分が絶対に正しいと思う根拠は、自分自身がこれまでに挙げてきた功績によるところが大です。そもそも功績とは成功によってもたらされますよね。

    そのため、「自分はこの方法で功績をあげてきた。だから自分がやることは絶対正しい!」という考え方になってしまうのも無理がないところです。

    とはいえ、時代の移り変わりや仕事のやり方の変化によって、かつては成功した方法が今では通用しなくなることはよくあります。

    けれど、プライドが高い人は絶対に自分が正しいと思っているため、これまでの自分のやり方、考え方を捨てることができないのが特徴です。

    主導権を握りたがる


    プライドが高い人は、自分よりも目上の人がいる場合や、明らかに相手のほうが実力が上だと認めざるを得ない場合を除いては、場の主導権を握りたがります。

    プライドが高い人が場の主導権を握りたがるのは、何といっても自分の意見を最優先に通したいから。誰か他の人が主導権を握ってしまうと、主導権を握った人を中心に意見を出し合うことになりますよね。

    となると、自分の立場がぼんやりとしたものになるでしょう。プライドが高い人は常に注目されていたいのも特徴ですので、何としても場の中心にいようとします。

    他人の意見を聞かずに済み、かつ自分の思いどおりに進めるには、主導権を捨てるわけにはいかないと考えるのも特徴です。

    プライドを捨てることにつながる否定や意見を嫌う


    プライドが高い人には、他者から否定や意見をされるのを嫌うという特徴があります。この特徴が「自分は絶対正しい」と考えて主導権を握りたがる理由でもあるでしょう。

    そもそも、プライドが高い人は自分の考えにこだわりを持ち、絶対に正しいと信じていますので、他者から否定されることは自分を否定されることと同じです。否定されれば、プライドを捨てることにもなりかねません。

    プライドが高い人の仕事のごく一部分を否定したり、異なる意見を言っただけだとしても、相手は自分自身を全否定されたと受け止めるでしょう。プライドが高い人に対する言動には、かなり注意が必要ですね。

    間違っていても謝らない


    プライドが高い人は、たとえ自分が間違っていても謝らないのが特徴です。謝ることはプライドを捨てることになると考えるからでしょう。

    また、相手が目上の人場合は謝れるけれど、目下に謝るのはプライドが許さないという人もいます。こちらも「ミスをしたことを認めれば、プライドを捨てることになる」という心理が影響しているでしょう。

    そのため、自分が間違っていても、ミスに至った経緯をあれこれと並べ、「そうなるのは無理もなかった」という持論を展開します。プライドを捨てるよりはましだからです。

    とはいえ、明らかに間違っているのに謝らないままだと、プライドを捨てるよりもはるかに厳しいしっぺ返しが来るのではないでしょうか。