彼氏との旅行で生理が被りそう!対処法や注意点は?彼氏の本音も暴露

  • 彼氏との旅行で生理が被った時の注意点

    次に、彼氏との旅行で生理が被った時の注意点を紹介します。

    彼氏との旅行を最大限に楽しむためには、女性自身が注意することが大切です。自分の体のことだからこそ、彼氏任せにならないようにしましょう。

    温泉や大浴場は使用しない


    カップルの中には、旅行先に温泉を設定している人も多いでしょう。女性も温泉とあれば、日頃の疲れを癒したり、美容のために入ったりと考えていますよね。しかし、生理中はこうした温泉や大浴場は使わないようにしましょう。

    そもそも、多くの施設では生理中の使用については控えるよう注意喚起がされています。生理は同性であってもマナーが重視されるものなので、他の人のことを考えれば当然の処置といえるでしょう。

    そのため、温泉旅行であっても部屋のお風呂を使うようにします。旅行中は彼氏だけでなく、他の宿泊客にもマナーある対応をしましょう。

    血が漏れないよう注意する


    生理中に旅行に行く際は、血が漏れないように注意しましょう。特に初日~3日目程度は、多くの女性が大量の経血量に悩まされています。そんな時に旅行が被るとあれば、ベッドや椅子などに血が漏れる心配もあるでしょう。

    そのため、血が漏れない工夫が必要です。例えば、生理用ナプキンを重ねてしようしたり、生理用パンツを使用したりとできることを行いましょう。特に、ホテルや宿の布団やベッドへの経血移りには注意してくださいね。

    他にも、量が多いと洋服への経血移りが心配です。定期的に血が漏れていないか確認することで、旅行中のトラブルを減らすことができますよ。

    こまめにトイレに行く


    生理中は何かと肌トラブルが多くなります。家にいる時は自分ですぐに対応ができますが、これが旅行とあればいつもと同じには行きません。急に肌を洗いたくなっても、外出中ではそれも叶わないでしょう。

    だからこそ、こまめにトイレに行くことが大切です。こまめに生理用ナプキンを交換すれば、肌荒れを防止することができます。また、経血漏れを防ぐこともできるので、生理トラブルを軽減させることができるでしょう。

    また、旅行前には事前にトイレの位置を確認しておくことをおすすめします。事前にどこにあるか把握しておくことで、旅行先でトイレを探す手間が省けるでしょう。

    イライラしても彼氏には当たらない


    せっかくの旅行なのに生理が被ったとあれば、自分自身にイライラすることも多くなります。他にも、彼氏の些細な行動がいつも以上に気になってしまうことも。しかし、だからといって彼氏に当たるのはお門違いです。

    また、イライラされたとあれば、彼氏も不機嫌になります。せっかくの旅行なのにと文句を言われる恐れもあり、楽しくない旅行に変わってしまうでしょう。だからこそ、イライラしてもそれを我慢する意識が必要です。

    生理のイライラは、いわば仕方のないものといえます。それを上手く解消する術を身につけることで、旅行中の彼氏との衝突を減らすことができるでしょう。
  • 彼氏との旅行で生理が…ずらす方法は?

    彼氏との旅行なのに、生理が被るとあれば何とかずらしたいという気持ちも生まれますよね。

    そんな時には、次のような方法を試してみましょう。ただし、対処法の中には副作用をもたらす恐れのあるものもあります。また、実際に効果が出ない恐れがあるものもあるので、過度な期待は禁物ですよ。

    時間に余裕があるならピルを飲む


    彼氏との旅行まで時間があるなら、ピルを飲んで生理をずらしてみましょう。ピルには避妊の他にも、生理不順を整える効果が期待できます。生理日をずらすことも可能とされているので、産婦人科やピル外来で相談してみましょう。

    また、ピルは生理予定日から計算して服用する必要があるものです。旅行直前で使用しても効果があまりないので、ピルの使用を考えているなら時間に余裕を持たせましょう。ピルは生理を早めることも遅らせることもできるので、目的に合わせた服用が求められます。

    ただし、ピルは人によって副作用の恐れのあるものです。自分の体質、そして医師と相談したうえで服用を考えましょう。

    食事バランスをあえて崩す


    ピルの服用が難しいのであれば、食事バランスをあえて崩してみましょう。体調や体質が変化することで、生理の周期を遅らせることがあるからです。絶対的効果があるとは言い切れませんが、試してみる価値はあるでしょう。

    例えば、普段から栄養の整った食事をしているなら、あえてジャンクフードを取り入れてみるのも良いですね。逆に、偏った食生活をしているなら正すことで生理周期を早められる可能性もあります。

    ただし、いずれも絶対的な効果は期待できません。そのため、生理が被っても仕方ないと割り切る気持ちも大切です。

    ツボを押して生理を早めてみる


    人の体には、ツボが多く存在しています。その中でも、足首にある「三陰交」や膝上にある「血海」は生理のツボとして有名です。ここを痛気持ちいい程度の力で何回か押すことで、生理を早めることができる可能性があります。

    また、ツボは体の不調を整えてくれる効果も。そのため、生理不順を抱えている時にはこのツボを押すことで、体調に良い変化をもたらしてくれる可能性もありますよ。

    ただし、ツボも絶対的な確証があるわけではありません。中には効果の現れない人もいるので、「ずらせればいいな」程度に試すことをおすすめします。

    生理に効くといわれる食べ物を摂取してみる


    ツボの他にも、生理に効くといわれる食べ物や飲み物を摂取してみることをおすすめします。例えば、豆乳やハーブティーなど、女性の体に良いとされる飲み物を摂ってみましょう。これらは女性ホルモンを整えてくれるので、生理周期を早めてくれる可能性があります。

    また、チョコレートやアーモンドなども同じ効果が期待できるものです。絶対的な効果はありませんし、医学的にも「生理に効く」と改名はされていません。そのため、あくまで「可能性がある」程度に考えておきましょう。

    しかし、何もしないより試した方が効果が表れることもあります。ずらしたいという気持ちが生理を早めたり遅くしたりすることも考えられるので、何かしらの方法を試してみましょう。