そりが合わない人の特徴や対処法とは?正しい付き合い方も伝授します

何となく馬が合わない人に対して、「あの人とはそりが合わない」といった言い方をすることがありますよね。そんな時は、どうしたらいいのでしょうか。今回は、そりが合わない人の特徴と対処法をご紹介するとともに、そりが合わない人との正しい付き合い方も伝授します。

  • あなたの周りにそりが合わない人はいますか?

    家族や友人、職場の人など、周囲にはさまざまな人がいますが、その中にそりが合わない人はいないでしょうか。「何となく合わない人はいるけど、そりが合わないというのがよくわからない」という人も多いでしょう。

    そこで今回は、「そりが合わない」という言葉の意味から、そりが合わない人の特徴を徹底分析。対処法や正しい付き合い方を伝授します。「この人は、そりが合わない人だったんだ!」という相手に応用してみてくださいね。

    「そりが合わない」の意味


    「そりが合わない」とは、「考え方が一致せず、どうしても協調できない様子」を表す言葉です。

    世の中には、自分と考え方が異なる考え方の人はたくさんいます。中でも「そりが合わない人」は考え方が違うだけでなく、お互いの妥協点も見つけられない相手と言えるのではないでしょうか。

    そもそも「そりが合わない」の「そり」とは、刀の刀身と鞘から来ています。刀は反り具合に合わせた鞘が作られており、刀と鞘は常に一対になるように作られていました。つまり、異なる鞘に刀を納めることは不可能なのです。

    刀と鞘にたとえられているとわかれば、「なるほどね」と納得できた人も多いのではないでしょうか。

    「馬が合わない」との違いは?


    「そりが合わない」と似た表現に「馬が合わない」があります。「あの人とはどうも馬が合わないんだよな」などといった具合に使われますよね。

    「馬が合わない」の意味は「好みや考え方が合わず、付き合いにくい」こと。そのため、「そりが合わない」とはほぼ同じ意味合いで使われます。いわゆる類語と考えていいでしょう。

    ちなみに「馬が合わない」は、文字通り馬がたとえになっており、「馬に乗り手の気持ちがうまく伝わらない」ことから来ています。

    「そりが合わない」が刀の刀身と鞘でたとえられるのと同様、「馬が合わない」の場合は乗り手と馬。どちらも「互いの考えが違うために、うまくかみ合わない」という意味と考えていいでしょう。

    出典:weblio辞書『反りが合わないの意味・解説 』
    https://www.weblio.jp/content/%E5%8F%8D%E3%82%8A%E3%81%8C%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84#:~:text=%E3%81%9D%E3%82%8A%E3%81%8C%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%AA%E3%81%84&text=%E5%8F%8D%E3%82%8A%E5%85%B7%E5%90%88%E3%81%AE%E7%95%B0%E3%81%AA%E3%82%8B,%E6%A7%98%E5%AD%90%E3%82%92%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E3%81%99%E3%82%8B%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%80%82

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)