自己中な人の特徴とは?心理や上手な対処法なども徹底解剖します!

自分の都合ばかりにこだわって、他人の事なんてお構いなし。そんな自己中な人があなたの周りにも一人はいるはず。この記事では、自己中な人の心理や特徴について詳しく迫っていきます。また、自己中な人への対処法も併せてご紹介しますので、上手に付き合っていきましょう。

  • そもそも「自己中」の意味って?

    「あの人は自己中だよね」など、自己中という言葉は日常生活でも頻繁に耳にしますよね。では、自己中とは一体どのような意味なのでしょうか。何となく分かっていても、詳しくは知らないという人は必見ですよ。

    「自己中」の意味


    自己中とは、自己中心的の略語。自己中心的とは、常に自分の都合を優先するあまり、他人を疎かにする態度や仕草、心情の事です。そして、自己中な人は大きく分けて2種類に分類できます。

    1つめは、本人の資質として他人の事を考える余裕を持っていないタイプの人です。このタイプの人は、自分のために行動する事で精一杯。よって、決して悪意があって自己中になっている訳ではありません。

    そしてもう1つは、「あえて」自己中に振る舞っているタイプの人。こちらは、他人ことを考える余裕があるのに考えないのです。ですので、時には悪意むき出しで他人に接する事もあるでしょう。

    「自己中」の類語


    自己中の類語には、自分勝手や独り善がりといったものがあります。他にも傍若無人やワガママ、人目をはばからないなども類語です。どれもあまり良い意味では使われない言葉ですよね。

    また、利己的という言葉も自己中の類語として扱われる事があります。しかし利己的とは、自分の利益のために行動する事であって、他人を蔑ろにするという意味も含んで使われる事が少ないです。よって、類語にはなりますが、やや性質の違う言葉だと言えるでしょう。

    自己中を言い換えるのであれば、多少なりともネガティブな意味を含んでいた方が伝わりやすいです。ですので、配慮に欠けるなども類語として扱えるでしょう。

    出典:goo辞書『自己中(じこちゅう) の意味』
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E4%B8%AD/