当たりが強い人の心理や理由が知りたい!自分にだけきついのはなぜ?

当たりが強い人がいると、場が緊張しがちですよね。また、特定の人にだけ当たりが強いと見ていてハラハラすることもあるでしょう。さらに、自分にだけきついと「なぜ?」と感じ、辛い思いをするのは必至です。今回は、そんな当たりが強い人の心理と理由に徹底的に迫ります。

  • 当たりが強い人に困った!自分は嫌われてる?

    職場をはじめとして、集団の中で当たりが強い人に出会ったことはないでしょうか。何となく一緒にいて落ち着きませんし、自分にだけ当たりが強いと「もしかして嫌われてる?」と感じてしまいますよね。

    そこで今回は、そんなあたりが強い人に困った時のために、当たりが強い人について知っておきたいことをまとめてご紹介します。

    そもそも「当たりが強い」の意味って?


    「当たりが強い」とは、「人の言動や振る舞いに、礼儀が足りていないさま」という意味になります。

    ただ、「当たりが強い」という表現自体は比較的新しい言葉であり、国語辞典などで調べても掲載されていないケースが珍しくありません。

    そのため、ひとまず「当たりが強い」という言葉の意味を理解しておき、似たような言い回しをいくつか知っておくと、「どういう意味?」と尋ねられた時に言い換えが出来るのではないでしょうか。

    「当たりが強い」の類語


    人の特徴を言い表す言葉としてすっかり定着した「当たりが強い」には、たくさんの類語があります。

    たとえば、「態度が大きい(でかい)」や「居丈高な」「ふてぶてしい」などが挙げられます。また、「不遜な」や「ぶしつけな」「無作法な」といった言葉も同じ意味を持つ言葉です。

    また、「攻撃される」や「疎外される」、さらには「非難される」といった言い方も類語となり、どういう態度なのかによって、非常に多岐にわたる選択が可能な言葉と言えます。