5月21日生まれの誕生花や星座は?相性や性格についても解説します

  • 5月21日生まれの誕生花&誕生石

    ここでは、5月21日生まれの人の誕生花と誕生石をまとめてみました。

    誕生花や誕生石は、雑学として知っておくと会話の役に立つだけではなく、誕生日プレゼントの贈り物としても喜ばれます。5月21日生まれの人の誕生日に、さりげなく誕生花のブーケや誕生石をあしらったアクセサリーを送ってみてはいかがでしょうか?

    誕生花も誕生石も複数あるものなので、組み合わせを楽しんでみるのも良いかもしれませんね。

    5月21日生まれの誕生花①カスミソウ


    清楚で控えめな花姿ながら、どんな花にもなじんで白い光が舞うような華やかさを添えてくれるカスミソウ。カスミソウは5月~7月にかけて咲く、5月21日生まれの誕生花です。

    カスミソウはナデシコ科カスミソウ属、別名「花糸撫子(ハナイトナデシコ)」といいます。清らかで愛らしい姿から、英語では「baby's breath(赤ちゃんの吐息)」とも。

    花言葉は、「清らかな心」「親切」「幸福」。

    どんな花にも相性が良くフラワーアレンジメントには欠かせないほか、ドライフラワーとしても人気の花です。

    5月21日生まれの誕生花②ボリジ


    瑠璃色とも言われる青い花と、毛に覆われた葉を持つボリジ。5月21日生まれの誕生花であるボリジは、5月~8月にかけて咲く、ムラサキ科ルリジサ属の花です。和名は「瑠璃苣(るりちしゃ)」と呼ばれます。

    ボリジの花言葉は「才能」「勇気」。この花言葉の由来になったように、ボリジは本当に多才な花です。ボリジの花は古くから薬草として強壮剤に使われていたほか、花弁の汁では画家たちが聖母マリアの衣を描いたと言われています。

    現在でも、ボリジはハーブ、植物油、エイディブルフラワーとして食用にも用いられています。

    5月21日生まれの誕生花③ラークスパー


    「Lark spar(ヒバリの蹴爪)」の名前を持つラークスパーは、キンポウゲ科デルフィニウム属。名前の通り、5月~6月にかけてヒバリが飛ぶような姿の花を咲かせる5月21日の誕生花です。

    優雅で可愛らしい花姿は日本でも鳥に例えられ、和名は「飛燕草(ヒエンソウ)」「千鳥草(チドリグサ)」とも。花言葉も「陽気」「軽やかさ」「自由気ままな暮らし」と、大空を自由に飛ぶ鳥の姿からイメージしたものです。

    ラークスパーは赤・ピンク・白・青・紫と花色も多様で、フラワーアレンジメントにもドライフラワーにも高い人気があります。

    5月21日生まれの誕生石①ツインパール


    5月21日の誕生石、ツインパールは双子の真珠。成長の過程で母貝の中で二つのパールが一つになったもので、和名は「双子珠」といいます。

    パールは「月のしずく」「人魚の涙」とも呼ばれ、古くから神秘的な力を持つ石とされてきました。パールには心身を癒すヒーリング効果、魔よけのパワーがあると言われています。

    ツインパールの宝石言葉は、「二人の願い」「調和」。双子の石であることから、本来のパールの効果に加え、「調和」のパワーを強く持っています。二人で叶えたい願いを応援してくれると言われ、恋愛や結婚の願いに効果があるパワーストーンです。

    5月21日生まれの誕生石②シトリン


    金運アップと商売繁盛に絶大な効果があると言われるシトリンも、5月21日生まれの人の誕生石です。「シトリン」という名前は、フランス語でレモンを指す「シトロン」から。柑橘類を思わせる、明るく力強いイエロー系の石です。

    シトリンの宝石言葉は「繁栄」「富」「成功」「希望」。シトリンを身に着けることで心と体が元気になり、ポジティブな思考を手に入れられるため、周囲と調和して人間関係が改善すると言われます。

    金運アップの効果が高いのは、シトリンのパワフルなエネルギーが、願い事を現実化する手助けをしてくれるからだとも。

    5月21日生まれの誕生石③エメラルド


    5月の誕生石として知られるエメラルド。高貴な緑色に輝く姿から、エメラルドは「宝石の女王」と呼ばれます。ダイヤモンド・ルビー・サファイヤと共に世界四大宝石と呼ばれ、古代エジプトの美女・クレオパトラもエメラルドを愛用したそうです。

    エメラルドの宝石言葉は「幸福」「夫婦愛」「希望」「長寿」。パワーストーンとしても、心身を癒し、知性を与え、明るい未来を切り開く効果があると言われています。

    またエメラルドは「愛の石」とも言われ、愛の成就や幸せな結婚を叶えてくれる石として、贈り物に喜ばれています。
  • 5月21日生まれの有名人

    最後に、多才で芸能界への適正も高いと言われる5月21日生まれの有名人をご紹介します!5月21日生まれの有名人を調べてみると、芸能界ほか漫画界や音楽の世界でも、世界的に活躍していることが分かりました。

    5月21日を誕生日にもつ有名人を知っておくと、「あの人と同じ誕生日!」と会話の中で印象を残すこともできるかもしれませんね!

    阪上和子


    阪上和子さんは、1940年5月21日生まれの女優。1962年に劇団・青年座に入団以来、数多くの舞台や映画、テレビドラマに出演しています。

    代表作は映画「釣りバカ日誌」、テレビドラマ「はるちゃん」、舞台「桜姫東文章」など。また「浅見光彦ミステリー」「赤い霊柩車」「十津川警部シリーズ」など、日本のミステリードラマの人気シリーズに数多く出演されています。

    原田貴和子


    女優・原田知世さんの実姉である原田貴和子さんは、1965年5月21日生まれの女優。80年代後半から90年代初めに女優として活躍しました。代表作は、妹の原田知世さんとの姉妹共演が話題になった「私をスキーに連れてって」。

    映画やテレビドラマだけでなく、ラジオ、ナレーション、バラエティ番組でもマルチに活動されています。結婚後は芸能界を引退していましたが、近年は個人事務所の運営に携わる傍らで女優業にも復帰。

    復帰後、映画「ペコロスの母に会いに行く」「はなちゃんのみそ汁」に出演されています。

    岡本健一


    元・男闘呼組の岡本健一さんは、1969年5月21日生まれ。現在は俳優兼シンガーソングライターとして活動しています。息子はHey!Say!JUMPの岡本圭人さん。

    男闘呼組としてデビューして以来、別バンド「ADDICT OF THE TRIP」のメンバーとしても活動。

    俳優としては映画、テレビドラマ、舞台で活動出演作は、。映画「ロックよ、静かに流れよ」(男闘呼組主演)「プライベート・レッスン」、テレビドラマ「不機嫌な果実」「タッチ」「池袋ウエストゲートパーク」など。

    木村拓哉さんにギターを教えるなど、後輩の面倒見が良い性格でも知られています。

    アグネス・ラム


    アグネス・ラムさんは1956年5月21日生まれのモデル。1970年代後半に日本でグラビアアイドルの先駆者として活躍しました。

    1975年に資生堂のCMで日本デビューして以来、そのあどけない顔とグラマラスな身体が人気を呼び、水着グラビアが珍しかった時代のグラビアアイドルの元祖に。

    その人気は漫画界にまで及び、「うる星やつら」のラムちゃんの名前の由来にまでなりました。現在は引退して、ご主人とハワイで穏やかに暮らしているそうです。

    玖保キリコ


    漫画家、イラストレーターの玖保キリコさんは、1959年5月21日生まれ。1982年に「LaLa」に「物思いモノローグ」でデビューして以来、「シニカルヒステリーアワー」「いまどきのこども」「バケツでごはん」と多数の人気作品を発表しました。

    独特の洗練されたタッチで子どもを主役にシュールなギャグを描く作風で、多くのキャラクターグッズも発売されています。イラストレーターとしては、2000年4月~2007年9月号まで「マミイ」の表紙画を担当。

    現在は結婚してイギリスに移住、イギリス人の夫とロンドンで暮らしながら活動されています。

    米良美一


    カウンターテナー歌手の米良美一さんは、1971年5月21日生まれ。洗足学園音楽大学を卒業後、アムステルダム音楽院にオランダ政府費留学しています。

    1997年、映画「もののけ姫」の主題歌を歌って日本中で幅広い層の人気を獲得しました。テナーから裏声で女声の声域を歌うカウンターテナーが国内で知られたきっかけは、この「もののけ姫」主題歌によるところが大きいでしょう。

    世界を代表するカウンターテナー歌手として著名なオーケストラとの共演するほか、エッセイの出版、テレビやラジオにも出演するなど、多才かつ精力的に活動を続けられています。

    出典:ウィキペディア『5月21日』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/5%E6%9C%8821%E6%97%A5