3月3日生まれの誕生花や星座は?仕事運&金運や恋愛についても解説

  • 3月3日生まれの誕生花・誕生石

    3月3日は桃の節句とあって、「モモ」が誕生花というイメージも強いのではないでしょうか。しかし、「レンゲソウ」も3月3日の誕生花とされています。

    また、3月の誕生石を調べてみると何種類も出てくるのですが、全国宝石商組合が制定している誕生石は「アクアマリン」と「サンゴ」の2種類。そして、3月3日の誕生日石は「モルガナイト」なのだそうです。

    ここでは、3月3日の誕生花と誕生石・誕生日石について詳しく解説します。

    【誕生花】モモ


    3月3日の誕生花には「モモ」が挙げられます。モモはバラ科・サクラ属で、和名は桃、別名に花桃や毛桃があります。原産地は中国となっていますが、遠い昔にペルシアから伝わったのではないかと考えられているのだそう。

    モモの花言葉には「チャーミング」「私はあなたのとりこ」「気立ての良さ」があります。西洋の花言葉は「I am your captive(私はあなたのとりこ)」「unequaled qualities(比類なき素質)」です。

    桃の花が多くの実を付ける様子が子供をたくさん産むことを想像させ、縁起の良い花とされたことが花言葉の由来となっており、それに因んで女性を象徴とする花言葉が付けられています。

    また、モモには「天下無敵」という花言葉もあり、こちらは桃太郎が鬼女に桃を投げつけて立ち去らせたことが由来と言われています。

    【誕生花】レンゲソウ


    「レンゲソウ」、3月3日の誕生花として挙げられます。レンゲソウはマメ科・ゲンゲ属で、和名は紫雲英・翹揺、別名に蓮華草・翹揺草・蓮華があります。原産地は中国です。

    レンゲソウの花言葉には「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」「心がやわらぐ」があります。西洋の花言葉は「your presence softens my pains(あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ)」です。

    花言葉の由来は、レンゲソウにフラボノイドやサポニンといった薬効があることに因んでいるのだとか。

    古代中国ではレンゲソウの根っこを生薬として扱っていたことが当時の文献で明らかとなっており、現在でも乾燥させた根っこの粉末を漢方薬にしたり、乾燥させた根っこを煮出してお茶を作ったりしているのだそうです。

    このほかにも、レンゲソウはヨーロッパで羊の良質な餌として扱われ、日本でも蜂蜜を取るために利用されています。

    【誕生石】アクアマリン


    3月の誕生石には「アクアマリン」があります。ラテン語でアクアは水、マリンは海を意味し、様々な神話から「人魚の石」とも呼ばれているのだとか。

    アクアマリンの石言葉は「沈着」「勇敢」「聡明」です。青色のイメージが強いアクアマリンですが、緑がかった色味をした物も存在します。

    アクアマリンは愛や結婚の象徴とされていて、コミュニケーション能力を高める力があることから、夫婦仲をよくすることができると言われています。

    恋愛運を高めたいのならラピスラズリ、仕事運を高めたいのならサファイア、トラブルを回避したいのならオニキスを、アクアマリンと一緒に合わせ持つのがおすすめです。

    【誕生石】サンゴ


    3月の誕生石には「サンゴ」もあります。サンゴはギリシア語の「korallion(海の人形)」が由来とされていて、古生代の最初の時代にはすでに存在していたのだそうです。

    サンゴの石言葉には「確実な成長」「家長の威厳」「長寿」「聡明」「幸福」があります。サンゴが血に近い色味をしていることから生命力を感じ、災いから実を守る魔除けとして扱われてきました。

    安全祈願を高めたいのならレッドコーラルとラピスラズリ、恋愛運を高めたいのならピンクコーラルとアメジスト、円満な家庭を気づきたいのならホワイトコーラルとローズクォーツを併せ持つのがおすすめです。

    【誕生石】モルガナイト


    「モルガナイト」は、3月3日の誕生日石です。モルガナイトの石言葉には「チャーミング」「気立てが良い」「可愛らしさ」「性格の良さ」があり、誕生花であるモモの花言葉と少して似ています。

    モルガナイトは「愛情」「清純」「優美さ」の象徴とされ、愛とは何かを教えてくれる石。恋愛が長続きしない人にもおすすめとのことで、飽き性な3月3日生まれの人にもぴったりな石です。

    人気運を高めるにはローズクォーツ、信頼を得たいのであればピンクカルセドニー、本質を見抜く力を養いたいのならアメジスト、素敵なパートナーを見つけたいのならアクアマリン、スキルアップを狙うのならシトリンを、モルガナイトと合わせ持つのがおすすめです。
  • 3月3日生まれの有名人

    優れた才能を持つ人が多い3月3日生まれですが、それは3月3日に誕生した有名人を見ると一目瞭然です。みなさん職業はバラバラですが、それぞれの分野で類稀な才能を発揮しています。ここでは、3月3日生まれの有名人について詳しく解説していきます。

    德光和夫(フリーアナウンサー・タレント)


    涙もろいキャラクターで親しまれている德光和夫(とくみつかずお)は、1941年3月3日に誕生しています。戸籍上では3月10日となっていますが、これは徳光さんの父である徳光寿雄さんが男児が桃の節句に誕生したことは格好の悪いことだと考え、陸軍記念日である10日にしたからと言われています。

    德光和夫はフリーアナウンサーやタレントとして活躍する傍で、日本ドッジボール協会と株式会社SMA(ソニーミュジックアーティスツ)と日本司会芸能協会顧問では顧問を務め、学校法人海城学園OB会では会長という肩書きも持っています。

    また、德光和夫さんといえば大のギャンブル好き。純粋で感情豊か、優れた創造力、浪費癖等、典型的な3月3日生まれの性格をしていることがわかります。

    川島海荷(女優・歌手)


    川島海荷(かわしまうみか)は、1994年3月3日に誕生しました。小学6年生である2005年にスカウトをされると、同年には立川伊勢丹の広告モデルとしてデビュー。翌年には子役としてもデビューを飾っています。

    さらに、2007年にはアイドル「9nine」としてCDデビューを果たし、2010年にはソロ歌手デビューする等、その活躍は女優だけにとどまりません。

    また、明治大学文学部を卒業したり、日テレ系朝の情報番組「ZIP」の総合司会に抜擢される等、3月3日生まれ特有の多才さを十分に発揮していることがわかります。

    ジーコ(元プロサッカー選手・サッカー指導者)


    ジーコ(Zico)は、1953年3月3日に誕生しています。本名はアルトゥール・アントゥネス・コインブラ(Arthur Antunes Coimbra)で、ジーコは愛称なのだそう。

    ブラジル出身のジーコは言わずと知れた元プロサッカー選手。歴代のプロサッカー選手の中で最も偉大だと言われていたペレ選手も、自分に最も近づいたのはジーコではないかと話しているほどだそうで、現役時代には世界一のサッカー選手として評価された過去もあります。

    さらに指導者としての実力もあり、監督としての成績も数え切れないほど。現在は鹿島アントラーズの監督とTD(テクニカルディレクター)も務めています。これらの経歴から見ても、ジーコさんは3月3日生まれ特有のビジネスセンスを兼ね備えていることがわかります。

    ケント・モリ(ダンサー・アーティスト・振付師)


    ケント・モリ(KentoMori)は、1985年3月3日に誕生しています。幼い頃からマイケルジャクソンと仕事で共演することに憧れ、東京理科大学を中退してまで単身渡米しました。

    そしてマイケルジャクソンとの共演を目指して、2009年にはマイケルジャクソンのオーディションに挑みます。その結果、日本人では唯一合格したダンサーとして名が広がりました。

    当時はマドンナの専属ダンサーということもあってそのオーディションは辞退することとなりましたが、その後も世界中で活躍しています。知らない土地にもすぐに馴染む性格や、夢に向かったら一直線に突き進む姿勢が、まさに3月3日生まれの特徴ですね。

    川北のん(子役)


    川北のん(かわきたのん)は、2009年3月3日に誕生した子役・タレントです。2014年に花王のCMでデビューすると、瞬く間に活躍の場を広げていきました。

    出演経験のあるTVやCMは数知れず、映画やMV、スチール撮影にも引っ張りだこと、小学生にして既に素晴らしいビジネスセンスを兼ね備えていることがわかります。

    さらに特技は暗記と本の早読み、趣味は読書や辞書引きとのことで、秀才であることは確かなようです。そして、ジョギングも趣味ということで、文武両道であることも伺えます。生まれ持った才能と努力が功をなし、今一番目立っている子役といっても過言ではないでしょう。

    出典:ウィキペディア『3月3日』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%883%E6%97%A5