3月3日生まれの誕生花や星座は?仕事運&金運や恋愛についても解説

「ひな祭り」のイメージが強い3月3日ですが、この日に誕生した人は一体どのような性格の持ち主なのでしょうか。そこで今回は、3月3日生まれの性格や特徴について詳しく解説します。また、恋愛傾向や仕事運・金運についても併せて紹介するので、興味のある方は必見です!

  • 3月3日生まれについて知りたい!

    桃の節句やひな祭り等、「3月3日=女の子の成長を祝う日」といった印象が強くありますよね。そのようなイメージから3月3日に生まれた女性は強く逞しく、男性はなんとなく草食系なイメージを持たれていますが、実際はどんな性格の持ち主なのでしょうか。そこで本記事では、3月3日に誕生した人について徹底解剖していきます!

    生まれながらに備わっている長所や短所、恋愛傾向、さらには仕事運や金運まで詳しく解説していきますので、興味のある方は是非参考にしてみてくださいね。特に、仕事運や金運のページでは運気アップの方法についても併せて紹介しているので必見ですよ!

    記事後半では、3月3日生まれと相性の良い星座や、3月3日の誕生花・誕生石、3月3日が誕生日の有名人についても紹介しています。まずは、3月3日は何の日なのか詳しく見ていきましょう!
  • 3月3日は何の日?

    3月3日といえば「ひな祭り」や「桃の節句」を思い浮かべる人も多いことですよね!しかし、何故ひな祭りを桃の節句と呼んだり、またその逆で呼んだりするのでしょうか。ここでは、ひな祭りと桃の節句の語源について詳しく解説します。

    また、3月3日はひな祭りや桃の節句の他にも様々な記念日が制定されているので、こちらについても併せて紹介します。

    上巳の節句(桃の節句)


    「上巳の節句」とは、日本の四季を彩る五節句のうちの1つのこと。元々は3月初めにある巳の日が上巳の節句とされていましたが、これが3月3日に行われるようになりました。そして、旧暦では桃の花が咲く季節とあって、「桃の節句」とも呼ばれるようになったのです。

    その昔、中国では上巳の日に水辺で体を清めて災厄を祓う習慣があり、これが日本でも平安時代から取り入れられました。草木や紙で人の形を作り、それに自分の厄を移し、水に流して祓うようになったのです。

    そして、この人の形をしたものは「ひとがた(人形)」と呼ばれ、後の「雛人形」へと変化したのではないかと言われています。

    ひな祭り


    現代も女の子向けのおもちゃとして人形がありますが、平安時代の女の子も紙等を使って小さな人形を作って遊んでいました。その人形は「ひいな」と呼ばれていて、このひいなと上巳の節句で使われていたひとがたが混ざり合い、「雛人形」が生まれたと言われています。

    雛人形は後に家の中に祀るようになり、江戸時代以降にはその飾りも豪華になっていきました。そして、その雛飾りを飾る上巳の節句は現代にも繋がる「ひな祭り」へと成長していったのです。

    平和の日


    1984年に行われた「国際ペンクラブ東京大会」において、3月3日は「平和の日」として制定され、翌年から世界中で実施されるようになりました。

    何故3月3日なのかというと、"女の子の健やかな成長や幸せを祝うひな祭りが平和の象徴にふさわしいのではないか"という、日本ペンクラブの提案によりこの日になったのだとか。平和の日は、ひな祭りに由来しているのです。

    金魚の日


    「金魚の日」は、1990年に日本観賞魚振興会によって3月3日に制定されました。江戸時代の頃にひな祭りで金魚を一緒に飾ったことが由来と言われており、その当時金魚は高価なペットと認識されていたことから、家庭の裕福さをアピールするために飾られていたとされています。

    日本観賞魚振興会は後に無くなり、現在は日本観賞魚振興事業協同組合(jOFa)として観賞魚飼育の振興や普及に取り組んでいます。