大食いになるにはどうすればいい?大食いになるためのコツを大公開!

  • 大食いでも太らないための方法とは?

    大食いになりたいと思った時、同時に心配になるのは太ってしまわないかという事ですよね。たくさん食べられるのは良いけれど、太ってしまうのは嫌だと考えている人がほとんどではないでしょうか。

    しかし、テレビなどで見かける大食いの有名人は、あまり太っていませんよね。彼ら彼女らには何か太らない秘密でもあるのでしょうか。ここからは、大食いでも太らないための方法について詳しく見ていきます。

    基礎代謝量を上げる


    大食いをしても太らないようにするために、基礎代謝を上げてみましょう。血流や代謝や良くなるとエネルギーの消費量も増え、また胃腸が食べ物を消化するスピードも速くなります。

    基礎代謝を上げる方法としておすすめなのが、クエン酸を摂取するという方法。クエン酸は血糖値の上昇を防いだり、便秘やむくみを解消する効果の期待できるダイエットに最適な栄養素です。

    クエン酸の摂取方法としては、レモン汁がおすすめ。油っぽいものにかけるとさっぱりと食べられるので、調味料として、ドレッシングとして大食いの際はどんどん活用していきたいところです。

    食べる時と食べない時のメリハリをつける


    大食いになるには、食べる時と食べない時のメリハリをしっかりつけていきましょう。これは、たくさん食べても太らなくなるための秘訣でもあります。メリハリなくダラダラと食べ続けてしまうと、エネルギーを消費するタイミングが無くなってしまうのです。

    ですので、食べる時は思いきり食べるけど、食べない時は何も食べないといった感じで、食べ方をコントロールしていきましょう。ただし、食べない時間が長すぎると胃袋が縮んでしまいます。物は食べないけれど水はしっかり摂取していくように心がけてください。

    血糖値が上がらないようにする


    血糖値を下げるのは、ダイエットにおいて有効な手段です。糖質オフダイエットがブームになったのは記憶に新しいところですよね。よって、血糖値が上がらないようにコントロールする事ができれば、大食いでも太りにくくなるでしょう。

    血糖値の上昇を防ぐには、食べるものに気を付けるだけでなく、食べ方にも注意が必要。ゆっくりと時間をかけて食べる事で血糖値の上昇は防げると言われているので、大食いにチャレンジしたいけれど太りたくないという場合は、少し食べるスピードを遅めるのもおすすめです。

    食べたものはすぐに排泄する


    便秘は、大食いにとってもダイエットにとっても天敵となります。大食いで、尚且つ太りたくない場合は、食べたものはできるだけすぐに排泄するよう心がけましょう。食べたものが体内にエネルギーとして取り込まれる前に、出してしまうイメージです。

    こうするためには腸の運動を活発にさせ、胃の消化を良くする必要があります。便秘に効くダイエットの体操や、胃腸の働きが活発になる食品を積極的に摂取していきましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)