大食いになるにはどうすればいい?大食いになるためのコツを大公開!

  • 大食いになるためのコツ≪後編≫

    大食いになるためのコツの続きです。大食いになるにはどうすれば良いのか、その方法を探っている人には重要なヒントが隠されているはず。大食いに憧れている人は、真似できる部分は真似をしてみるのもおすすめです。

    胃を広げるのも重要


    食べたものが胃袋に吸収されるのは、誰もがご承知の事実。この胃袋の許容量を満たすと、人はお腹一杯と感じるのです。ですので、大食いになるには胃袋を広げるのがとても大切となります。

    胃袋を広げて丈夫にするには、適度な運動と規則正しい生活は必須です。また、ストレスを溜め込まない事も重要。ストレスを感じると胃に負担がかかってしまいますので、食欲をかんじにくくなる可能性があるからです。

    また間食をしたり、食事の回数を増やすのも胃袋を広げるのに有効です。胃袋は、いきなり大きくなるものではありませんので、徐々に鍛えていく事が大事となります。

    空腹のためにまったく食事をしないのは逆効果


    お腹を空かせた状態だと、たくさん料理を食べられると思ってしまいますよね。しかし、実はあまりにもお腹が空いている状態だと、逆にあまり食べられないのです。なぜなら、空腹の状態が長時間続いてしまうと、胃袋が縮んでしまうから。

    胃袋が縮んでしまった状態だと、少量の食べ物で満足してしまいます。ですので、大食いになるには常に何かを食べ続けている状態が理想的。胃袋が縮んでしまうというのは、大食いになりたい時に最も注意したい事なのです。

    胃の限界を把握するのも大食いになるには大切


    食べるのが好きな人や、大食いに憧れている人は、お店のメニューをすべて平らげるくらいの心意気で食事に挑むでしょう。しかし、気持ちだけでは大食いは達成できません。胃袋には限界があり、それ以上は物理的に収容する事が不可能だからです。

    ですので、大食いになるには自分がどれだけの量を食べられる胃袋の持ち主なのか、というのをしっかりと把握する事が大事。今現在自分がどれだけ食べられるのかを把握しておくと、何をすればより大食いになれるのかも分析できるようになるでしょう。

    脳の働きをコントロールする


    大食いになるには、脳の働きもしっかりとコントロールしていきたいところ。たくさん食べられる自分を想像するのはもちろん、食べ物に対する潜在的な意識もコントロールしていく必要があります。

    そのため、大食いになるには山盛りの料理や大皿の料理を見ないようにしましょう。これらの料理を見てしまうと、脳が潜在的にお腹いっぱいになってしまうのです。ですので大食いになるには、小皿に小分けにされた料理しか目に入れないように努めましょう。

    食事中は水分を取らない


    食事中は水分を取らないというのも、大食いになるには心がけておきたい事です。胃袋を水分で圧迫してしまうと、食べ物が入る量が少なくなってしまいます。大食いは、できるだけ食べ物で胃袋を満たしたいのでなるべく水分を取るのは控えていきましょう。

    ただし、水分を取らない事を意識し過ぎてしまうと、喉を詰まらせてしまう可能性もあります。そうなると危険ですので、すぐに水分を取りましょう。大食いになるには、リスク管理も大切ですよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)