大食いになるにはどうすればいい?大食いになるためのコツを大公開!

  • 大食いになるためのコツ≪前編≫

    大食いになるにはコツを知る必要があります。ただがむしゃらに食べる量を増やすだけでは、胃袋が疲れてしまうだけになってしまうでしょう。では、大食いになるために知っておきたいコツを詳しく見ていきましょう。

    あまり噛まずに飲み込む


    大食いになるためのコツの一つとして挙げられるのが、あまり噛まずに飲み込む事です。噛む回数が多かったり、噛んでいる時間が長かったりすると、その間に体が満腹だと感じてしまいます。

    ですので、体が満腹だと感じる前にどんどん飲み込んでいくと、大食いになれる可能性が高まるでしょう。ただし、あまり噛まずに飲み込むのは、胃袋に負担をかける行為です。大食いになるには、できれば習得したい行為ですが、体調には十分に注意する必要があります。

    休憩せずに食べる


    休憩せずに食べ続けるというのも、大食いになるには押さえておきたいポイントです。休憩せずに食べるというのも、あまり噛まずに飲み込むのと同じで、体が満腹を感じくくなる方法の一つです。

    食べている最中に休憩してしまうと、その間に体は満足してしまいます。インターバルを置く事で満腹を感じやすくなってしまうので、大食いになるには休憩せずに食べ続ける事を意識していきましょう。

    食べる順番も大切


    大食いになるには、食べる順番にもしっかりと気を付けていきたいところ。目の前にある料理を適当に食べていたのでは、決して大食いにはなれません。食べる順番によっては、胃袋が疲れやすくなってしまったり、満腹を感じやすくなってしまうからです。

    大食いになるには、まずは野菜から先に食べるようにしていきましょう。野菜を先に食べる事で、胃の中でクッションを作ってくれます。このクッションのおかげで、満腹感や胃もたれを感じにくくなり、肉料理などの油物もたくさん食べられるようになるでしょう。

    唾液をたくさん出す


    大食いになるには、どれだけ唾液を分泌できるかも重要。漫画などで、お腹が空いている人が涎を垂らすシーンはお馴染みですよね。あれは少し大げさですが事実で、人はお腹が空くと唾液の分泌量が増えるのです。

    ですので、大食いになるには唾液の分泌量を上げる事が大切。具体的な唾液の出し方としては、酸っぱいものをたくさん食べて分泌を促すというやり方があります。大食いの時は、調味料はレモン系のものを選ぶなどの工夫をするとよいでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)