「緊張しい」とは?緊張しやすい人の原因や克服する方法を徹底解説!

緊張しいの人は、本来の実力が発揮しづらいと言われています。「いつも緊張するから、思ったようにできない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。本記事では、緊張しいの原因や克服方法について紹介します。緊張しいを克服したい方は、参考にしてみてください。

  • そもそも「緊張しい」の意味って?

    「緊張しいだから、人前に立つのが大変…」と感じている人は多くいるはずです。まずは、「緊張しい」とはどういうものなのか、意味をチェックしていきましょう。緊張しいについて知り、克服するヒントを探してみてください。

    「緊張しい」の意味


    「緊張しい」は、関西で生まれた言葉です。関西では「〜しやすい人」のことを「〜しい」と表現します。そのため、「緊張しい」とは「緊張しやすい人」を表す言葉と言えるでしょう。

    「緊張しい」以外にも、「自慢することが多い人=自慢しい」といったように関西では言うことがあります。「〜しい」を使うことで、全体的に柔らかく威圧感のない印象にできるのではないでしょうか。

    元々は関西で生まれた「〜しい」という言葉ですが、現在では全国的に使われることが多くなっています。関東でも「緊張しい」と表現する場合がよくあるはず。自分のことを表したいときに取り入れてみてはいかがでしょうか。

    「緊張しい」の類語


    緊張しいの類語として挙げられるのが「あがり症」という言葉です。あがり症とは、「緊張して精神的に不安定な状態になること」を指します。例えば、心臓がドキドキしたり、自分の考えを整理できなくなったり、といった状態になるのをあがり症と言えるでしょう。

    「緊張しい」という言葉を使う代わりに「自分はあがり症だ」と置き換えることも可能です。どちらの言葉を使うかは、その時々の状況によって変わるため、より伝わりやすい方を選んでみてください。
  • 緊張しいだと自覚した事はありますか?

    緊張しいな人は、意外とたくさんいます。続いては、どのような場合に緊張しいだと自覚したのか具体例をチェックしていきましょう。緊張しいなのは自分だけでなく、多くの人が緊張を感じていると考えてみてはどうでしょうか。

    大勢の前で喋れなくなって自覚した


    「たくさんの人の前で研究発表をしたとき、あまりに緊張して全く喋れなくなりました。事前に喋ることを準備していたのに頭が真っ白になり、うまく伝えることができず後悔しています」(20歳/男性/学生)

    今までは緊張しいだと自覚していなかったとしても、大勢の前に立つことで自覚するパターンがあります。「自分は大丈夫!」と思っていたのに、実際に緊張する場面に直面すると想像していたような対応ができないということは少なくありません。

    落ち着いて対処ができれば良いですが、いきなり襲ってきた緊張により何もできなくなることもあります。緊張しいであることを自覚したら、どうしていけば良いのかよく考えてみましょう。

    まさに緊張しい!人前に立つのが嫌すぎる


    「人前に立つと顔が赤くなったり、うまく話せなかったりするから苦手です。人前に立つようなことにならないように、常に根回しするようにしています」(24歳/女性/経理)

    緊張しいであることを自覚していると、自ら人前に立つのを避ける傾向にあります。緊張してうまく立ち回れないことがわかっているので、あえて人前に立つ必要はないだろうと考えているのではないでしょうか。

    「人前に立つのが嫌だ」という気持ちが先行して、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。「人生には経験しなくてはならないこともある」と考えてみると良いかもしれません。

    いつも人の目が気になって落ち着かない


    「特に注目されていないときも、誰かに自分の言動を見られているのではないかと思ってしまいます。そのため、何でもないようなことでも緊張してしまい、落ち着かなくなります」(26歳/男性/システムエンジニア)

    緊張しいの人は、人の目が気になることがよくあるようです。自分に注目が集まり、「失敗したらどうしよう」という気持ちに陥りやすいと考えられるでしょう。

    実際には大した注目を集めていなかったとしても、過剰に意識してしまうことがあります。気持ちを強く持たないと、緊張しいな状態からなかなか脱することができないので、気をつけてください。

    緊張しいなので顔が赤くなるのが嫌


    「人前に立つと緊張して、いつも顔が赤くなります。平静を装うことができれば良いのですが、一度顔が赤くなったらなかなか直りません。顔が赤くなるのが恥ずかしくて、さらに緊張してしまうのも困りものです」(29歳/女性/イラストレーター)

    緊張しすぎると、顔が赤くなる場合もよくあります。顔が赤くなればなるほど、「相手に緊張していることがわかってしまう」と思い、焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。

    緊張しいな状態を改善していけば、顔が赤くなることもなくなります。顔が赤くなるから人前に立つのを避けるのではなく、緊張を和らげて赤面しないように工夫してみてはどうでしょうか。