「緊張しい」とは?緊張しやすい人の原因や克服する方法を徹底解説!

緊張しいの人は、本来の実力が発揮しづらいと言われています。「いつも緊張するから、思ったようにできない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。本記事では、緊張しいの原因や克服方法について紹介します。緊張しいを克服したい方は、参考にしてみてください。

  • そもそも「緊張しい」の意味って?

    「緊張しいだから、人前に立つのが大変…」と感じている人は多くいるはずです。まずは、「緊張しい」とはどういうものなのか、意味をチェックしていきましょう。緊張しいについて知り、克服するヒントを探してみてください。

    「緊張しい」の意味


    「緊張しい」は、関西で生まれた言葉です。関西では「〜しやすい人」のことを「〜しい」と表現します。そのため、「緊張しい」とは「緊張しやすい人」を表す言葉と言えるでしょう。

    「緊張しい」以外にも、「自慢することが多い人=自慢しい」といったように関西では言うことがあります。「〜しい」を使うことで、全体的に柔らかく威圧感のない印象にできるのではないでしょうか。

    元々は関西で生まれた「〜しい」という言葉ですが、現在では全国的に使われることが多くなっています。関東でも「緊張しい」と表現する場合がよくあるはず。自分のことを表したいときに取り入れてみてはいかがでしょうか。

    「緊張しい」の類語


    緊張しいの類語として挙げられるのが「あがり症」という言葉です。あがり症とは、「緊張して精神的に不安定な状態になること」を指します。例えば、心臓がドキドキしたり、自分の考えを整理できなくなったり、といった状態になるのをあがり症と言えるでしょう。

    「緊張しい」という言葉を使う代わりに「自分はあがり症だ」と置き換えることも可能です。どちらの言葉を使うかは、その時々の状況によって変わるため、より伝わりやすい方を選んでみてください。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)