男性が喜ぶ「褒め言葉」を厳選!相手別の誉め言葉や注意点もご紹介

  • 「褒め言葉」を使って実践!男性の褒め方

    ここからは、実際に男性を褒める時のポイントを紹介していきます。

    先に紹介した褒め言葉も、褒め方一つで受け取り方がガラリと変わってしまうもの。より自分の気持ちをありのままに伝えるためには、効果的な褒め方を知っておく必要がありますよ。

    こだわっているポイントを知って褒める


    男性を褒める時には、こだわっているポイントを知って褒めると効果的ですよ。例えば、ファッションを褒めるなら、男性のこだわりポイントを探ってみましょう。「ここに力を入れているな」と思うポイントを見極めて褒めることで、より自分を好意的に見てくれますよ。

    逆に、相手のこだわりを上手く褒められないと「ただ褒められた」という感覚だけで終わってしまうでしょう。これでは、好感を持ってもらっても「そこらの女性と同じ」程度となり、自分を印象付けることができません。

    より一人の女性として見て欲しいなら、男性が本当に喜ぶポイントを見極めることが大事。中身のない言葉よりも、中身ある言葉の方が伝わりやすいですよ。

    褒め言葉の基本「さしすせそ」を使う


    男性を褒めようと思っていても、時にはとっさに言葉が浮かばないこともあるでしょう。そんな時のためにも、褒め言葉の基本である「さしすせそ」を覚えておくと良いですよ。とても簡単な褒め言葉なので、誰でもすぐに使うことができます。

    褒め言葉の「さしすせそ」は、「さすがだね!」「知らなかったな~」「すごい!」「センスあるね」「尊敬する!」といったもの。これらを効果的に使っていくだけでも、男性を喜ばせることができます。

    また、褒め言葉は心がこもっているだけ伝わりやすいです。本当に褒めていると分かってもらうためにも、口先だけにならないよう注意しましょう。

    言葉に感情を乗せて褒める


    いくら男性を褒める言葉でも、言葉に心がこもってなければ上辺だけの言葉として受け取られます。これではいくら褒めても、本当のことだとして受け取ってもらえないでしょう。だからこそ、褒め言葉を口にする時には感情を乗せることも大切です。

    例えば、「すごいね!」「さすがだね!」といった言葉なら、感動したり驚いていることを伝えられるよう声音に注意してみましょう。高く弾んだ声で伝えた方が、リアリティがあって本音だと受け取ってもらいやすいですよ。

    他にも、伝える時には表情にも注意してみましょう。真顔で言われるよりも、笑顔で伝えられた方が男性は嬉しいですよ。

    なるべく目を見て男性を褒める


    男性に「本当に褒めている」ということを信じてもらいたいなら、なるべく目を見て男性を褒めるようにしましょう。相手の目をみて褒めることで、真剣さを伝えることができます。「本当に褒めている」と感じ取ってくれるでしょう。

    ただし、褒め言葉によってはもじもじと伝えるのも効果的です。例えば、「素敵です」「かっこいい」などの言葉は、もじもじと照れながら言われると「自分に気があるのかも」と思ってしまうもの。

    褒める以上に、自分の好意を相手に伝えることができます。男性が想い人である場合には、目を見て褒めるだけでなく、言葉に合わせて伝え方を変える必要もあるので注意しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)