男性が喜ぶ「褒め言葉」を厳選!相手別の誉め言葉や注意点もご紹介

  • 相手別!男性が喜ぶ褒め言葉

    ここからは、相手別に男性が喜ぶ褒め言葉を紹介していきます。

    褒め言葉は、使う相手によって使い分けた方が効果を発揮してくれるもの。また、相手に好意を抱かせる効果もあるからこそ、正しく使わないと余計なトラブルを生んでしまうでしょう。

    好きな男性向け


    好きな男性に向かって褒め言葉を使うなら、「すごい!」「さすが!」など、相手の気分を良くさせるものを選びましょう。また、具体的に褒めることで、自分の印象を良くさせることができますよ。

    人は、具体的に褒められた方が「自分のことをよく見てくれている」と実感できるものです。逆に、抽象的すぎれば「うわべだけかもしれない」と疑ってくるでしょう。好きな人から疑われないためにも、本当に良いと思うところを褒めてあげることが大切です。

    また、好きな人を褒める時は笑顔で褒めてあげましょう。より良い表情で伝えた方が、男性に印象付けることができますよ。

    気になる男友達


    相手が気になる男友達なら、外見などを褒める言葉を積極的にかけていきましょう。特に「かっこいい」などの言葉は、気があることを伝えられます。自分を魅力的だと判断している言葉なので、かけられると嬉しくなるでしょう。

    また、より好意を伝えたいなら「彼氏にしたいタイプ」など、全面的にアピールしていくことも大切です。男性の中には、褒め言葉に隠された好意に気づけない人もいます。そんな人が相手でも好意を伝えられるようにするには、分かりやすいアピールが必要です。

    褒め言葉によって自分を印象付けることができれば、より二人の距離を縮めることができます。かける言葉によって結果は変わるので、より効果的だと思われる言葉を考えましょう。

    仕事関係の男性


    仕事だけの関係なら、やる気を出してもらう言葉を選びましょう。例えば、「仕事が早い」「頼りになる」などの言葉は、男性の仕事意欲を刺激することができます。実力を発揮しようという気持ちにさせるので、仕事効率も上がるでしょう。

    また、仕事関係の男性に好意を寄せているなら、より具体的に褒めてあげます。「○○さんで良かった」「一緒に仕事できるなんて光栄」など、男性をいい気分にさせることで自分を印象付けることができますよ。

    ただし、あまりに褒めすぎると今後は言葉は安っぽく聞こえるため、言い過ぎは禁物です。場面を選んで褒めることで、より好感を持ってくれるでしょう。

    お付き合いだけの男性


    ただの仕事仲間、友達といった「好意はない相手」を褒める場合には、当たり障りのない言葉を選びましょう。例えば、「すごいね」「やるじゃん」など、誰もがかける言葉を選ぶと勘違いされずに済みますよ。

    逆に、こうした相手に具体的な褒め言葉をかけてしまうと、「俺に気があるのではないか?」と変な期待をさせることに。全ての男性が勘違いをするわけではないですが、その危険性があることは理解しておくべきでしょう。

    褒め言葉は、時として自分が好意を持っていることを伝えるものです。間違った形で伝わらないよう、相手に合わせた言葉選びをしましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)