夢占いで分かるキスの意味は?する側とされる側での違いはある?

キスの夢を見たことはありますか?夢にはあなたの深層心理や未来の暗示が隠れている可能性が高いので、キスの夢の意味を紐解き自分自身と向き合ってみましょう。する側・される側、相手や感情によって夢占いが異なるので、あなたが見た夢を思い返しながらご覧ください。

  • そもそも夢占いって?

    起きたときに鮮明に覚えているほど印象的な夢は、思わず「何か意味があるのでは?」と考えてしまうものですよね。それがキスの夢であれば、なおさら特別な印象を抱く人が多いでしょう。

    夢は非現実ですが、夢占いの観点から見ると重要なメッセージが含まれていることがあるのです。では、夢占いにおいてキスの夢はどんな意味があるのでしょうか?

    まずは夢占いの意味や歴史を知り、理解を深めていきましょう。

    夢占いとは


    夢占いとは、人が眠っているときに見る夢の内容や状況によって心理状態を分析したり、起こりうる未来を予知する占いです。心理学的にも夢は「人の潜在意識が反映される」とされており、夢のシチュエーションや自分が感じた感情によって夢占いの意味が変わってきます。

    つまり、眠っているときに見た夢の内容によって自分の深層心理に気付けたり、これから先の未来の暗示を受け取ることができるのです。ただし、夢占いはあくまでも占いなので、参考程度にしておくことが大切ですよ。

    夢占いをきっかけに自分の本音に気付けることもあるので、自分の心と向き合うチャンスと捉えて上手に活用しましょう。

    夢占いの歴史


    もともと夢占いは、旧約聖書に出てくるような特別な人が持っている特殊能力や神のお告げとされ、迷信扱いされてきたもの。しかし、1900年にオーストリアの精神科医であるジークムント・フロイトが精神分析学・心理学の研究によって「人の欲望が夢に表れる」と提唱し、科学的に解釈されるようになりました。

    ただ、その後も多くの心理学者や精神科医が夢について研究してきましたが、明確なメカニズムは未だに分かっていません。そんな神秘に包まれた部分があるからこそ、夢占いを信じてみたくなる人が多いのかもしれませんね。