6月1日生まれを大解剖!性格&恋愛傾向は?誕生花/石/星座なども

  • 6月1日生まれの性格とは?【長所編】

    それではさっそく本題に入っていきましょう。まずは6月1日生まれの性格から見ていきます。ご自分や身近な6月1日生まれさんにあてはまるものはあるか、ぜひチェックしてみてください。さっそく長所編からスタートです!

    頭の回転が速い


    誕生日が6月1日生まれの人の長所として真っ先にあげられるのが「頭の回転が速い」こと。なぜなら6月1日生まれは生まれながらにして知的で想像力が豊かだからです。その豊富な知識で物事を吟味し、想像力をふくらませて必要な判断を下します。インプットからアウトプットまでが速いのはその両者が揃っているからでしょう。

    頭の回転が速いので、6月1日生まれの人はチェスや将棋、ババ抜きなど頭を使ったゲームが大得意。いつも人より数手先を読んでいるんです。

    ただしこれが世間話や議論の場だと、その頭の回転のスピードゆえに周囲を置いていってしまうなんてことも。周りの話をよく聞く姿勢が大切ですね!

    周囲に平等に接する


    誕生日が6月1日生まれの人は社交的で、人と楽しい時間を過ごしたり、相手を喜ばせることが大好き。そのため誰とでも分け隔てなく平等に接することができます。

    他の人が「この人つき合いにくいなあ…」と思っている人に対しても、6月1日生まれの人はためらいなく近づいていってあっという間に打ち解けてしまうなんてことも。

    生まれながらの社交家である6月1日生まれさんは、さまざまなタイプの友人がいるのも特徴です。一緒にいると人脈が広がっていきそうだと思いませんか?

    コミュニケーション能力が高い


    先述したように、6月1日が誕生日の人は生まれながらの社交家タイプ。それを可能にしているのが人を楽しませる話術です。無理に場を盛り上げようとするのではなく、自分が人を楽しませることに喜びを感じているため、自然と和気あいあいとした会話になります。

    積極的に人のところへ出向くため、6月1日生まれの人は自然とコミュニケーション能力が高くなるのです。気づけばいつも人の輪の中心にいるなんてこともあるでしょう。

    ところがその豊富な知識と話術のスキルから、ついうっかりブラックユーモアを披露してしまうなんてことも。結果不用意な一言が人を傷つけてしまうこともあります。ジョークを言いたくなったときは一呼吸置いてからがいいですね!
  • 6月1日生まれの性格とは?【短所編】

    つづいて6月1日生まれの人の性格の、短所の部分をご紹介します。短所の部分は耳が痛くて聞きたくない部分もあるかもしれませんが、ご自分を見つめ直すつもりでぜひ目を通してみてください!

    超がつくほどの完璧主義者


    誕生日が6月1日の人は、生まれながらの知力と想像力で大きな目標を達成する能力を持っています。そのために緻密な計画を立てるのも6月1日生まれの人の特徴。

    ところが、この計画が思い通りにいかないと気が済まなくなってしまう完璧主義者の一面が、6月1日が誕生日の人にはあるんです。6月1日生まれの人は計画が狂ってしまわないように細かく注意を払い、失敗しないように行動します。

    計画通りに事が運ばないと強いストレスを感じるため、慎重に行動するあまり、ふいにやってきた大きなチャンスを逃してしまうことも。それってすごくもったいないですよね。けれど誕生日が6月1日の人にとっては計画を完遂することのほうが大事なんです。

    テコでも動かない頑固者


    誕生日が6月1日生まれの人は、その完璧主義者な性格から自分の信念を曲げません。そのため他人に譲らず頑固になってしまいがち。例えどんなに相手の言っていることが理にかなっている場合でも、自分の計画にないことは聞き入れません。

    そして知力が高い分、相手の言い分に拙い部分があると、無意識に傲慢な態度や見下した発言で相手を言い負かそうとしてしまうことも。ふだんは人を楽しませることが大好きな6月1日生まれの人も、こういう場面では自分の計画を守ることに意識が向いているため、想像力が相手に向かないのです。

    イレギュラーな相手は切り捨てる


    6月1日が誕生日の人は、基本的に平和主義者。なので争いごとには加わりません。予定調和を大切にしているため、日々波風を立てず、心穏やかに過ごすことを好みます。

    それゆえ、その平和を乱すイレギュラーなことは大嫌い。生まれながらの社交家で、ふだんは人を喜ばせることが大好きな6月1日生まれさんも、和を乱す相手は許しません。相手の態度によっては冷徹に切り捨てる場面も。容赦がないとも言えますね。

    もし6月1日生まれさんと付き合いを続けたいのなら、嫌がることはしないように気をつけましょう。