11月30日生まれの誕生花や星座について分析!恋愛傾向についても

この記事では、11月30日生まれをさまざまな角度から徹底分析。性格や恋愛傾向からはじまり、星座や誕生花だけでなく、11月30日の記念日や11月30日生まれの有名人もご紹介しています。クールに見えて情熱を秘めた、頼れるリーダーとなる11月30日生まれ、その魅力に迫ります。

  • 11月30日生まれを徹底分析しちゃいます!

    誕生日が11月30日の人は、どんな人物なのでしょうか?気になるその性格や恋愛傾向について、徹底的に分析しました。11月30日にまつわる記念日や誕生花、誕生石だけでなく、星座による相性などもご紹介しています。

    ご自身が11月30日生まれの人も、周囲に11月30日生まれがいる人も、ぜひこの記事を参考に自分や相手を見つめ直してみてはいかがでしょうか。見かけによらない内面を知ることで、自分や相手への理解を深め、より良い人生を送る手助けとなるでしょう。
  • 11月30日は何の日?記念日について

    11月30日は年始から334日目(閏年では335日目)であり、年末まで残り31日、ちょうど1か月となる11月の最終日です。そんな11月30日にまつわる記念日についてご紹介していきましょう。

    11月30日は日本に限らず世界中の国々でさまざまな記念日となっていますが、その中でも日本における記念日を中心にご紹介していきます。自分が生まれた日、あるいは知人が生まれた日にどんな出来事があったのかを知ることで、理解をより深められるのではないでしょうか。

    カメラの日


    1977(昭和52)年11月30日、小西六写真工業(コニカ)が世界初の自動焦点(オートフォーカス)カメラを販売したことから、11月30日はカメラの日となりました。この経緯から、「オートフォーカスカメラの日」と呼ばれることもあるそうです。

    当時販売されたのは「コニカC35AF」。「ジャスピンコニカ」の愛称で親しまれ、2年間で100万台を生産したと言われています。誰でもピンぼけしない写真が撮れると、それまでカメラに触れなかった多くの人々にも楽しまれたそうです。

    誕生日が11月30日の人への誕生日プレゼントには、カメラにちなんだものを贈るのも良いのではないでしょうか。

    いいお尻の日


    11月30日は、11(いい)30(末日=おしり)ということで、「いいお尻の日」とされています。語呂合わせですが、11月4日も「いいお尻の日」とされているのだとか。

    11月30日と「いいお尻の日」のキーワードでインターネットを検索してみれば、SNSなどに投稿された素晴らしいお尻の画像が山ほど出てきます。また、この日にちなんでヒップエクササイズやヒップエステなどの特集も少なくありません。

    11月30日生まれの人への誕生日プレゼントには、ヒップケアグッズなども良いのではないでしょうか。とはいえ、デリケートな話題になりますのでそれを許してくれる相手であることが望ましいでしょう。

    本みりんの日


    11月30日の語呂合わせはもう一つあります。11(いい)30(みりん)ということで、「本みりんの日」。みりんの需要が高まる時期ということで、全国味淋協会の「本みりんの日」事務局が制定しました。

    11月末ともなれば、寒さが厳しくなり鍋物を食べる機会も増えてくるでしょう。日本人にとって欠かせない調味料のみりんは、料理の味に甘みやコクを出すだけでなく、ツヤ出しにも使われます。

    11月30日生まれの誕生祝には、みりんを使った鍋物でパーティーをするのも良いのではないでしょうか。

    シルバーラブの日


    1948年(昭和23年)11月30日、歌人の川田順が弟子の大学教授夫人とともに家出した日です。

    当時、川田は66歳で夫人は40歳。叶わぬ恋を嘆き、死を覚悟していた二人ですが、養子によって連れ戻されました。その後、二人は無事に結婚。川田が詠んだ「墓場に近き老いらくの恋は恐るる何もなし」から「老いらくの恋」が流行語となりました。

    死をも恐れぬ二人の恋が、年齢も立場も超えて叶った記念すべきこの日は、多くの恋人たちが勇気を与えられた日と言えるでしょう。

    シティズ・フォー・ライフの日


    1765年に即位したトスカーナ大公国の大公レオポルド1世(後の神聖ローマ帝国皇帝レオポルト2世)は死刑の執行を停止し、翌1766年11月30日には死刑自体の廃止を宣言しました。ヨーロッパの国で初めて死刑を廃止した、記念すべき日です。

    この「シティズ・フォー・ライフの日」には、死刑制度の廃絶を願って世界でも多くの都市でライトアップなどの運動が行われています。11月30日は、そんな記念すべき日。死刑制度に対する自分の想いと向き直ってみるのも良いかもしれません。