逃げ癖がある人の心理とは?逃げ癖を治したい人の改善方法もご紹介

「逃げるは恥だが役に立つ」というハンガリーのことわざの通り、逃げることが大切なシーンもあります。でも「逃げ癖」がついてしまうと、デメリットが多いのも事実です。そこで今回は、逃げ癖はなぜついてしまうのか、またどうすれば改善できるのかを解説します。

  • 逃げ癖に悩んでいる人は多い?

    人間関係がうまくいかないと感じたり、仕事で行き詰まったりした時に、問題と向き合うことができない、何かあればすぐに逃げてしまう…という人は少なくありません。

    はたから見ると甘えているように感じがちですが、本人は自分の逃げ癖をどうにかしたいと人知れず悩んでいたりするものです。逃げてばかりの人生なんて、つまらないし成長もできないですよね。

    いじめやパワハラの被害に遭っている場合など、逃げることが必要な場面ももちろんあります。でも、それ以外の場面でも逃げ癖がついて、なんでもかんでも避けてしまうようになると、やはりデメリットが大きくなってしまうでしょう。

    逃げ癖を直して、一つひとつの問題と向き合うことためには、どうすればいいのでしょうか。本記事では「逃げ癖」について解説し、改善方法を紹介していきます。
  • 逃げ癖がある人の特徴

    まずは、どのようなタイプの人が逃げ癖をつけやすいのか見ていきましょう。逃げ癖がついてしまうのは、その人の性格上の問題が大きく関係しています。

    逃げ癖をつけるに至った原因や背景については後述しますが、逃げ癖がある人には共通して見られる特徴があるもの。ここでは、どのような特徴が逃げ癖に結びついているのか、解説していきます。

    自分に自信がない


    逃げてしまうのは自分に自信がないから、ということが第一に考えられます。もし自分の考えや思ったことに自信を持つことができたら、人と対立しそうになってもはっきり意見ができるはずです。自分の意見に自信を持てないから、思ったことを言えなくなってしまうのですね。

    自信がないと人と向き合うことも怖いですし、仕事などの課題に対しても「できるわけがない」と尻込みしてしまいます。自分で自分を認めることができないと、様々な場面に立ち向かう勇気が持てず逃げたくなってしまうのでしょう。

    ネガティブ思考


    「どうせうまくいかない」など、ネガティブ思考がベースとなっている人も多いです。ネガティブな考え方に支配されているため、「問題を解決しよう」「やってみよう」という姿勢を持てないのでしょう。

    ネガティブなので、人の意見を素直に受け入れることもできません。でも意見を出す勇気はないので、納得できないまま逃げてしまうのです。その逃げ癖が、上司から注意されたり何かを任された時に仕事に来なくなってしまう、などの行動につながることもあります。

    流されやすい


    表面上では人と友好な関係を築いているように見えて、実は本音をまったく見せずうわべだけで周りに合わせがちです。これは、自分の意見を出すのが面倒、人に流されていた方がラクだからですね。このように流されやすいのも、逃げ癖がある人によく見られる特徴です。

    逃げているようには見えませんが、常に「長いものに巻かれろ」精神で生きていますので、自分の考えがありません。人に依存し流されることでしか生きられないというのも、逃げ癖の一種といえるでしょう。

    人に嫌われたくない


    自信のなさとも関連していますが、逃げ癖がある人は人に嫌われることを極度に怖がるところがあります。同調しておこう、ヘタに意見したら嫌われてしまう、と思っているのです。その気持ちが根本にあるせいで、逃げ癖をやめられません。

    でも、本気で向き合いたいと思っている人からすれば、自分の考えも見せず人に合わせてばかりな姿勢には違和感を覚えるでしょう。嫌われたくないという気持ちが、かえって人との距離を広げてしまうこともあるのです。