逃げ癖がある人の心理とは?逃げ癖を治したい人の改善方法もご紹介

「逃げるは恥だが役に立つ」というハンガリーのことわざの通り、逃げることが大切なシーンもあります。でも「逃げ癖」がついてしまうと、デメリットが多いのも事実です。そこで今回は、逃げ癖はなぜついてしまうのか、またどうすれば改善できるのかを解説します。

  • 逃げ癖に悩んでいる人は多い?

    人間関係がうまくいかないと感じたり、仕事で行き詰まったりした時に、問題と向き合うことができない、何かあればすぐに逃げてしまう…という人は少なくありません。

    はたから見ると甘えているように感じがちですが、本人は自分の逃げ癖をどうにかしたいと人知れず悩んでいたりするものです。逃げてばかりの人生なんて、つまらないし成長もできないですよね。

    いじめやパワハラの被害に遭っている場合など、逃げることが必要な場面ももちろんあります。でも、それ以外の場面でも逃げ癖がついて、なんでもかんでも避けてしまうようになると、やはりデメリットが大きくなってしまうでしょう。

    逃げ癖を直して、一つひとつの問題と向き合うことためには、どうすればいいのでしょうか。本記事では「逃げ癖」について解説し、改善方法を紹介していきます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)