自分には何もないと感じてしまう原因とは?対処法や長所の見つけ方も

「自分には何にもいいところがない」と感じ、自分自身に価値を見出せなくなっていませんか。そんな時、自分には何もないと感じる原因が分かれば、対処する方法も考えられるでしょう。今回は、自分には何もないと感じる原因とその対処法、さらには長所の見つけ方をご紹介します。

  • 「自分には何もない…」と悩まなくても大丈夫!

    これと言った取柄もなく、胸を張って言える特技もない…。そんな自分自身のことを考え、「自分は本当に何もない人間なんだな」と落ち込むこともあるでしょう。

    こうした落ち込みは、いずれ悩みとなります。何を見ても、何をしてもうまくいかないことが増えるからです。そもそも落ち込んだ気持ちで何かを始めると、出だしがネガティブ。そのため、ネガティブな結果を引き寄せてしまいます。

    でも、「自分には何もない…」と悩まなくても大丈夫!「自分には何もない」と感じるのには原因があり、原因がわかれば対処が取れるからです。

    そのためにも、まずは「自分には何もない」と悩む原因を知り、適切な対処法を探っていきましょう。
  • 「自分には何もない」と感じる人は多い!

    人に言わないだけで、「自分には何もない」と感じている人はたくさんいます。とはいえ、どんな時に「自分には何もない」と感じているのか、周囲の人の気持ちは気になりますよね。

    そこで、「自分には何もない」と感じた時の気持ちを、男女に語ってもらいました。

    仕事と家の往復ばかりの毎日で虚無感も


    「朝は早くに家を出て、帰宅は午後10時頃になります。お風呂に入って夕食を食べて、後は寝るだけ。休日はリフレッシュしたいけど、疲れが溜まってそれどころじゃありません。会社と家の往復ばかりの毎日で、虚無感に襲われます」(28歳/男性/会社員)

    男性にとって仕事とは家族を支えるだけでなく、自分自身のプライドを支える役割もありますよね。とはいえ、家族を養うために朝早くから夜遅くまで仕事に行き、帰ってきたらへとへとという人は多いでしょう。

    せっかくの休日も疲れて遊ぶ気にもなれないとしたら、すべてがむなしく感じられる、いわゆる虚無感に襲われるのも無理はありません。

    輝いている人を見ると自分との差に落ち込む


    「女性が多い職場なんですけど、みんなとても輝いてて楽しそうに仕事をしてるんです。それに引き換え、私は毎日仕事がつまらなくて…。それだけでもユウウツなのに、輝いている人と冴えない自分を比較してしまい、その差の大きさにさらに落ち込みます」(25歳/女性/雑誌社)

    女性の社会進出に伴い、女性ばかりの会社も増えてきましたね。また、一般の会社でも能力のある女性が管理職に抜擢されるケースもあります。

    こうした女性が活躍できる職場は働きやすい一方で、どうしても輝いている人と自分を比べて落ち込んでしまうことが増えます。

    「みんな生き生きしているのに、なんで自分は…」という気持ちになりやすいと言えるでしょう。

    人の幸せを見て「自分にはない…」と妬んでしまう


    「友人や同僚によい事があった時に、素直に喜べません。一応、笑顔で『よかったね』なんて言ってますけど、内心は妬ましい気持ちでいっぱい。他人に対してならまだしも、家族や身内の幸せも喜べない時は、つくづく自分が嫌になります」(28歳/女性/事務職)

    周囲の人たちによい事があった時、無理矢理笑顔を作って「おめでとう」と言った経験は、誰しもあるのではないでしょうか。けれど、本音は妬ましいと感じているなら、心の中は穏やかではありませんよね。

    さらに、他人の幸せならまだしも身内にさえ妬ましさを感じるとなると、自己嫌悪を覚えるのも無理はないのではないでしょうか。

    仕事がうまくいかないとつい…


    「どんな仕事もうまくいく時もあれば、ダメなことばかりな時もありますよね。でも、仕事がダメだとどうしてもイライラしたり、凹んだりして、メンタルの弱さが出てきます。誰が悪いわけでもないのに、周囲に八つ当たりしてしまう自分はほんとに情けないと思う…」(27歳/男性/営業マン)

    仕事に限らず、人生のあらゆることはうまくいく時もあれば、何をやってもうまくいかない時もあります。

    それがむしろ自然なのですが、人はどうしてもうまくいくことを望みますので、上手くいかないと落ち込んだりイライラしがちです。

    その結果、職場の人はもちろん、家族や友人など仕事に関係ない人にも八つ当たりしてしまう人は多いのではないでしょうか。